「ヤッタネ!やまぐち」のうっきー西本葉子です。

 

20年以上前に、武蔵野市で無農薬給食の活動をされた方から教えて頂きました。

 

「やるからには10年は覚悟しなきゃね。」

はい、もう人生かけるつもりですから。

 

武蔵野市はすごかった

 

 

お母さん方の取り組みの成果で、

学校給食には独自の安全基準が作られていた!

 

武蔵野市の愛の給食

  • 児童・生徒の安全が最優先!
  • 独自で残留農薬検査や遺伝子組み換え定性検査も実施 
 
武蔵野市の給食食材の選定基準

 

<米>
無農薬米、特別栽培米、有機栽培米を優先


<パン>
国産小麦


<麺>
国産小麦、保存料無添加
     
<野菜>
国内産、有機JAS、特別栽培、市内(地場)産を優先

 

<卵>
国産鶏から採卵、非遺伝子組み換え飼料と抗生物質不投与

 

<調味料>

有機JAS

保存料、着色料など無添加

うま味調味料は使用せず、だしは、けずり節、昆布、鶏がら、豚がらを使用。

 

すごい!

こだわり生協さんのカタログレベル‼️

 

この給食を守り運営して行くために

武蔵野市の出資で財団法人が設立された!

 

生産者、運送システム、給食の提供が事業として独立。

給食を中心に新しい社会の仕組みが出来ていた!

 

すごいね!

やはり愛は強いってことだ!ラブ❤️

 

(参考HP)