先日出かけてきた木曽路&伊那路の旅長野 まだまだ紹介していないところがたくさんありますOK

 中央西線383系沿いにある駅に立ち寄りました車
南木曽駅 矢印約25年あじさいぶりの訪問懐かしい懐かしい

【明治42年開業の中央本線・南木曽駅JR東海標準駅名表

 国の重要伝統的建造物群保存地区である妻籠宿の玄関口の駅ですが、随分寂しくなった感じですあっちゃー・・・

 この駅から歩いて走る人10分ほどにある名所がダウン
横丁鉄道・木曽路 横丁鉄道・木曽路

木曽川川に架かる木造の吊り橋つり橋がありますひらめき!!

 そ・れ・が、大正11年に完成した国の重要文化財・桃介橋なんです。

 この橋は大同電力電気(初代社長は福澤桃介(福澤諭吉慶応の婿養子))により架けられました。
横丁鉄道・木曽路
【福澤桃介にちなんだ橋・桃介橋を渡ってみましょうgogo。Go】 

 実はこの橋、読書発電所(現・関西電力うなぎ犬)建設資材の運搬路工事中として架けられたんです。

 よーく見ると目 橋の真ん中に直線上に伸びる2本の線がニ
横丁鉄道・木曽路

【この2本の先は、まさに線路線路ですねひらめき電球 でもどうして橋に線路が!?

 架橋当初、資材運搬のためにトロッコの線路が引かれていました。

 平成5年の橋の復元時、文化財としての価値を残すため、その痕跡を残すように配慮されたんですかんどー嬉し泣き 感動
横丁鉄道・木曽路
橋の長さは247mで、木造吊り橋としては日本でも有数の長さ長!!

 トロッコ横丁鉄道南木曽駅313系から橋を経由して山中の導水路に通じていたそうです。駅からの路地を通って橋に至っていたようなので、横丁鉄道 横丁鉄道のような感じだったのでしょうかねはてなマーク

 現在は埋め木丸太2で2本作られていて、かつての線路ハート線路の名残がわかります。
横丁鉄道・木曽路 横丁鉄道・木曽路
【橋は木曽川どんぶらこだけでなく国道19号国道19号もまたいでいます道

 国道をまたいでいるということは、橋の先(南木曽駅側)が旧道(三留野(みどの)宿)であることがわかります。

 実は南木曽駅313系は、昭和43年までは三留野駅165系だったんです。