栃木の横丁鉄道のその後~(ぶら珍・423)  | ~水仙まつりは1月5日から!・幸手市商工会~

~水仙まつりは1月5日から!・幸手市商工会~

幸手市内で現在展開している事業の様子と、『幸』せを『手』にするまち『幸手』と中心とする地域の情報、各地のまちづくり情報を、毎晩夜(たまにお昼)にお知らせしまーす。


テーマ:

 久しぶりの週末、栃木県栃木に出かけてきまして。。。車

 その帰りに何気なく立ち寄ったのがコチラ
横丁鉄道・栃木 横丁鉄道・栃木
栃木市藤岡町(旧藤岡町)にある、旧岩崎醤油(株)醤油の工場跡に車

 実は、栃木の大実業家岩崎清七氏の工場工場だったのですキュピーン顔文字 
 創始者、岩崎清七氏といえば、日本製粉粉や東京瓦斯はぁーの経営の参画(社長)を務め、東京商工会議所副会頭も務めていますビックリマーク

 埼玉の大実業家は、渋沢栄一氏ですが、栃木県にもいらっしゃるとは…スゴイsao☆ 
横丁鉄道・栃木  横丁鉄道・栃木
【その事務所の入り口で発見したのは~ビックリ

 見てみて目 古ーい商工会員証えーっですよ。これは、一店逸材ですねビックリビックリ

 ちなみに、旧電話番号電話2番3番となっているとは、町一番の企業だと分かります(たいてい1番は電話局電話ですから)。

 さらに、入り口(旧街道側)に横丁鉄道跡 横丁鉄道がありますクラッカークラッカー
横丁鉄道・栃木  横丁鉄道・栃木  

【街道側からのぞいてみると奥まで続く線路レールはありますが・・・あれアレ?

 かつての広大な醤油工場跡工場の風景が残っていませんあっちゃー・・・

 だいぶ変わってしまいました○| ̄|_がっかり 

〔幸〕せを〔手〕にする街・幸手市  【幸手市商工会】-藤岡町

〔幸〕せを〔手〕にする街・幸手市  【幸手市商工会】-岩崎醤油(株)

【かつては醤油工場醤油の栄華を偲ばせたんですが懐

 旧岩崎醤油(株)醤油は、昭和52年に正田醤油(株)しょうゆに営業権譲渡をしましたが、旧工場内には貴重なものが残っていたんです。

 実は、見学したこともあるんですよ(こちらをクリック )。

 果たして、貴重な産業遺産の線路跡終点の車止めは残るんでしょうかねはてなマーク


      冷麺トマトラーメンらーめん。ラーメン

横丁鉄道・栃木 ←出かけたのはラーメン道でラーメン

ラーメンの街・栃木県佐野市さのまる
 有名店の青竹手打ちラーメン大和seiへ。開店直後にはもう満員に・・・あせる

 サスガ佐野市、付近にラーメン店ラーメンがたくさんあります。
大和【佐野】チャーシュー麺  大和【佐野】炙りチャーシュー丼
チャーシュー麺チャーシュー炙りチャーシュー丼丼を注文小池さん

 コシのある手打ち麺ラーメンとあっさりスープ、チャーシューチャーシューの三拍子揃ったラーメンらーめんどんぶりはあっという間に完食まいうー

 チャーシュー丼もボリューム感ありましたよ回目

TMO幸手さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス