先日、名古屋名古屋グランパスに行く機会がありまして、足を伸ばして出かけたのが・・・!!

 第3セクター鉄道明知鉄道 (旧国鉄明知線キハ20)です。
横丁鉄道・明智 横丁鉄道・明智
【沿線最大の駅が、昭和9年開業の岩村駅(旧岩村町の玄関口)ですアップ

 国鉄時代の古い駅名板がイイ味出していますグッド!

 線内唯一の列車交換可能駅となっているんです。

横丁鉄道・明智 横丁鉄道・明智

【2番線(上りホーム)に恵那駅ディーゼルカーが(`・ω・´)ゞ】

 貨物側線が今でも残っているホーム。

 実はこの線路線路で、DMV実証実験を行ったことがあるんです。

 モードインターチェンジの名残が残っています。
横丁鉄道・明智 横丁鉄道・明智
【実は駅構内に2基の腕木式信号機が残っています腕木式信号機(停止)

 ちゃ~んと説明板もあり、平成18年に産業遺産として動態保存されているんです。操作体験もできるんですよ(やっとけばヨカッタざんねん…犬?)。

 線路ハート線路に向かって90℃回転して建っているのは、実際の出発信号機三灯式信号機(進行)との誤認を避けるためのようです三灯式信号機(停止)

 さて、腕木式信号機腕木式信号機(進行)の後ろに見えるのが(有)水野製材所です。

横丁鉄道・明智

【駅構内から製材所内部をのぞいてみると目・・・もしかしてこれははてなマーク

 奥に伸びる線路レールなんでしょうか・・・。ということはトロッコ?おまめはてなビリー? 
横丁鉄道・明智
【さらによーく見てみると、左下にプーリー(滑車)がありますアップ

 線路かと思いきや、ワイヤーを使ってリフトのように動かすのかな!?

 製材機のトロリー内は立ち入り禁止となっています進入禁止
横丁鉄道・明智
【奥にはトロッコ横丁鉄道らしきものがありますよ音譜

 しかも、ワイヤーの両側には線路線路があります。

 ワイヤーで引っ張りながら、外側のガイドウェイの役目を果たす幅広の線路で、安定的に動かしているようです。

 

 この岩村には、まだまだトロッコがあるんですつづく