カラオケパセラで演奏しました | 山岸笙子(しょうこ)ジャズピアノ演奏日記

山岸笙子(しょうこ)ジャズピアノ演奏日記

山岸笙子(しょうこ)、本業はジャズピアニスト。 たまにポルトガル語でボサノバ弾き語りも。
ライブ及びCD情報は
www.shokojazz.com


テーマ:
今週は湯島、上野と演奏し、3本目は秋葉原、ディープです。まず来ない街です
カラオケパセラの最上階に貸切パーティースペースが。
緑も見えて気持ち良い
なかなか広いです
本日のお客様は普段カラオケに来まくっているツワモノな方々とのこと。

リーダーであり、ドラムスの奥田氏から、私も歌いませんか?とお言葉いただきましたが、ビビってやめておきました、笑。

ボーカルのMER Iちゃんとは久しぶりでしたが、歌も、お客さんを乗せるおしゃべりも上手で、ダブルロールというバンドのササミーの女性版という感じ。

選曲も秋葉原を意識したアニメソングのジャズバージョンなどを何曲か入れてきて、さすがです。
写真の位置的にメリちゃんにかぶって見えないけど、アコースティックギターに江森君がいます。

バークリー時代の同級生でめちゃくちゃ懐かしい!

彼とは年に一回くらいバークリーバンドで会ったり、たま〜に草加シュガーヒルでデュオする程度だけど、やはり気心知れた仲間なので、
本来なら難しい、ベースレスの和音楽器同士の共演も、とてもスムーズでした。

とにかく奥田さんがメリちゃんの曲のポイントを把握しきっているので、まとまった演奏になり、一安心。初組み合わせとは思えないチームワークで無事終了。

奥田氏と田中氏、昔からお世話になっております。しかし二人とも老けないなあ。
控え室でメリちゃんとの2ショット
奥田さんとの2ショット、奥田さんのフルバンドでは、お父様の時代からお世話になりました。

そういえば先日、奥田さんがテレビで音楽祭の解説をされていて、ジャズの歴史などにも触れた良いお話でした。

帝国ホテルでのジャズフェスティバルなど、プロデュースのお仕事でも活躍されています。
江森君との2ショット。フニャリとしたキャラは変わらないなあ
集合写真はメリちゃんにもらいました
なぜかみんな笑ってて良い雰囲気

今日みたいなパーティーでの演奏は、全く知らないお客様の前でやるわけだから、空気感がとても大事です。

自分がリーダーではほとんどないから、こういう経験もためになりますね!

次回奥田さんのバンドでは、また9月にパーティー演奏が決まっていて、楽しみです。










山岸笙子(しょうこ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス