たいへんうれしいコメントをいただきましたので、ご紹介させていただきまーす。 | 自分を笑ってしまおう、の旅

自分を笑ってしまおう、の旅

ノンデュアリティは、ふわふわしたものじゃないんですよ。私たちの毎日の実生活のお話なんですよ。(  ^  V  ^  )

 

たいへんうれしいコメントをいただきました。
ご紹介させていただきますね。

 
↓以下、全文。
 
金森さんも願望実現から入ったお話でとても親近感。(※こちらの記事を読んでのコメントです)
私もそこから入り、願望実現に絶望して禅に行き、それから非二元に、というコースでしたので。
非二元は禅から入っていたので、むしろ禅のエッセンスを現代的にまとめたもの、というのが私の印象なので、理論的には抵抗がなく、むしろわかりやすくていいと思ったほどでした。
それでもやっぱり、禅で言うところの無我、「私はいない」に行き当たり、同じところで行き詰まっていました。
それと私は怠け者で座禅も苦手。本当のところ、知識も何もかも中途半端だからダメなんだと思っていました。
 
 
それが金森さんに出会い、非二元をさらにわかりやすくひも解いていただいたことで、長いことわからなかったことが理解できるところまで来ました。ありがとうございました。
 
 
で、今回はなにをご報告したいと思ったのか、というと、
「悟り」はない!ということ。
追い求めてきた先にあるはずの「幸福感」「安心感」もないと。
 
 
これがわかったのは、見えたまんまからの気づきで、今目の前に見えているまましか存在しないということからです。
であれば、今目の前に「悟り」はあるか?今目の前に「安心感」はあるか?
ない。それらがあるのは私の頭の中。
自分がいない(私のイメージでは自分が消えるw)という体験をしないと真実はわかったことにならないというのは私の創った観念だけど、
そんなものは、今目の前にあるか? ない。私の頭の中だ。
「完璧」と自分では簡単に言ってしまってるけど、その完璧さも私の頭の中だけにある観念だと。
 
 
なんと私は、過去にもこれからも、頭の中にしかないものを必死で追い求めてきたんだと。
あるのは、いま瞬間瞬間に起こる体験のみだと。
そう思ったらなんだか、久々に何年振りかで体が軽く、心と頭の中がすっきりとしてるのが逆に不思議です。
 
 
今はこんなところにいます。
自己満足の思い込みと自分語りになっていたらすみません。
長々とすみません。
 
↑コメント、ここまで。
 
 
とにかく、よかった、よかった。
これから、ちょこちょこと気づきがやってくるでしょう。
 
 
そのうち、「あれ? まさか、あたし、もしかして……」
なんてやつが来たりして。
 
 
 
 
さあ、みなさん、
上のコメントを読まれて、いかがですか?
 
 
気づきが起きるのに、
むずかしい本が、いりますか?
たくさんの学びが、いりますか?
たくさんの時間が、いりますか?
 
 
まじかるクラウンなたのポチリが私を元気にします
 ↓↓↓↓↓