明日はサポートの平山ナミさんのライブなのですが











僕はポップスの時はステージ上の人には分かりやすく













お客さんにはいかにドラムの気配を消すかにかけてます。













少し言い過ぎかも知れませんが歌の方を引き立てる為にはドラムが目立ってはいけないと思ってるので










フィルとかも自分がカッコよく聞こえるとかは置いといてステージ上の人に次にどの展開に行くかを分かるように叩いてます。











歌物の時に目立ってはいけない!とは思いませんが











自我を出す、出さないの駆け引きが自分の中で有ります。










お客さんは歌を聴きにくるので歌の邪魔にならないように!









って感じですかね










自分のテクニックの100分の1も出してないんではないかと











歌物ではテクニックはいらないです。











それよりもどうやって歌を引き立てるか。







気持ち良い音色とリズム!

これに尽きますね!








まあ歌物といっても曲によってとかジャンルによってとか一概には言えないんですけどー









どないやねーん!笑




ではまた!