ゴスペル系のドラマーのセッティングって普通とは少し違うのはご存知ですか?


以下の写真はご存知クリコールマン!


セッティングを上から見ると


さあ何が違うか分かりますか?







バスドラムとタムの位置をよく見てください!






ん?






バスドラムよりタムが手前にきてる!!!

ロータムなんかは10センチぐらいバスドラムより手前に出てるかも!




そうなんです!





ゴスペル系ってやたらタムを回すので(それだけでは無いが、笑)叩きやすくする為にタムをなるべく近くになるようにセッティングしてるのです!



手を伸ばしてタム叩いてる人はスティックに腕の重みかからないのでタム鳴らないしタム回しも手を伸ばした状態になるので腕が重いし、しんどい、、、





しかし普通はタムを近くセッティングしようとするとタムがスネアに当たってしまいます、、、





どうしよう?



では次の画像


これもご存知アーロンスピアーズ



スネアを普通より体近くに置いてリズム叩くときは体を少し後ろにそらして尚且つ肘を普通よりも少し後ろにしてます。



これゴスペル系に関わらずタムをやたら回す人はこの写真より手前に肘がきてる人も沢山いますよ!



なので

これでタムを近くにしてもスネアの真ん中を叩けるようにしてます。



そしてフィルとかでタムを回す時は体を少し前のめりに叩いてるのです!




ん?




後ろにそったり前のめりにしたりすると体のバランス取れなくなりそう、、、





そうなんです!





普通はバランス取りにくい!





なので画像でも分かると思いますが椅子を少し高めにして足の重みを軽減するようにしてバランス取りやすいようにしてるのです!




えーー!?
椅子高くしたら低音無くなるやーん!











いやいや、ゴスペル系はそんなにバスドラム低音いらないので!笑

逆に低音有ったら邪魔かも!





そして


よくゴスペル系だ!

って自ら言ってる人がいるのですが僕はフレーズよりも先ずセッティングを見て判断します!



だって自ら言うって事はこの秘密にも気づいてるはず!
 


気づいてなかったら偽物だーーー!笑










どうでしょうか?


ドラムのセッティングにも色々有ってセッティングを見るだけでもそのドラマーの優先順位が分かったりするので面白いですよね!




そして某SAKAEドラムは(某の意味無いし!笑)元々のタムホルダーの位置が他のメーカーよりかなりプレイヤー側についてるんですよ!



なのでタムスタンド用意しなくてもゴスペル系のセッティングが容易に出来るんです!



これ出来るのは国産メーカーではSAKAEだけかもです!




こう言う事も地道に研究してたって凄いですー、笑



今度SAKAEドラムを開発した人に、このタムホルダーの位置は研究したのか直接聞いてみまーす!笑


いつも聞こうとして忘れてる、、、



では楽しいドラムライフを!