合宿3日目です。
火曜日です。
休んで釣りしてゴメンなさい。


この日は太郎さんが夕方の便で東京へ帰るため、3時納竿。
限られた時間での勝負ですが、最高のステージで尾長チャレンジさせていただきました!
ホントにヒデ船長には感謝ハート感謝です。



この日フナツケでご一緒頂いたのは、やっぱり顔出しNGのHigh Mountainさん。
今年の尾長チャレンジ回数は私を遥かに上回り、連チャン釣行も当たり前のツワモノです。(実際、この翌日も釣行されたそうです)



この日も潮色はすこぶる良く、朝から30くらいがすぐに当たってきます。
しかし、マキエが効いてくると、塩焼きサイズのシマアジが連発するようになり、デカ尾長は姿を見せてくれません。



そこで、ナカノハエの頂上?に登って尾長はおらんかえ〜?と周りを見渡すと、ワレの沖に上矢印の魚の群れが。


良く見ると湧きグレでしたびっくり
もう寒に向けたお引越しが始まったんでしょうか??



そして、その流れでワレの方達の釣りを見学していると、1人だけ目の前に大量に見えるクロに目もくれず、ルアーを投げまくるお方が。


久しぶりにお会いしたけんぢさんでした。
なんでも、今日はクロはオマケらしく、根魚が本命だとかw
根魚ブーム、今年はキテますね〜照れ


けんぢさんとしばらくおしゃべりしてからフナツケへ戻ると、朝はゆっくりと深島方向へ流れていた潮が次第に足元へ突っかけてくるように…。
昨日の展開が頭をよぎります滝汗


案の定、時間とともに潮の角度が右沖から先端方向への当て潮となり、流れもだんだんと早くなっていきますチーン


こうなると、我々にできることは沖へ目一杯遠投し足元へ向けて流すか、足元から磯際を流すかのみ。


磯際を繰り返し狙っていた高…もといHigh山さんに1発強烈なアタリがありましたが惜しくもチモト切れ笑い泣き
しかし、今シーズン通いまくっているだけあって、速い当て潮の中でもしっかりと食わせる技はお見事でした!
(コッソリ食わせのコツを教えてもらったので、次回試してみたいと思いますチョキ


しばらくして、今度は太郎さんの竿が大きく曲がりました!



昨日と同様に先端に向かって流し込んでいき、サラシの下辺りでひったくった一尾は40近い良型グッ



さらに、お次更に速くなった流れを狙って本流釣りで先端近くまで流してのヒット!
昨日と同様に、張り出した根にラインを当てながら(表現するが難しいのですが、無理に根を交そうとせずに優しく根に当てて魚をあまり暴れさせない感じ)のやりとりで、最後は釣座の裏側へ魚を回し、ずり上げてしまいましたびっくり



コレが今回最大となった上矢印の魚でした拍手
(フナツケで釣りをしたことがある方であれば、これがどれだけ大変なことがわかって頂けると思います。)


こうして、今回の合宿は終了。
デカ尾長には恵まれなかったものの、太郎さんから普段やらない本流を流す釣りや、根周りでのやり取り等色んなことを学ぶことができた、非常に有意義な合宿となりました!
これらのことを、今後の釣行で実践し身につけていきたいと思います。


また、三日間の合宿中はヒデ船長を始め、えとやんさん、High山さん、お声掛け頂いた多くの皆さんに大変お世話になりました。
本当に楽しい夏合宿となりました。
ありがとうございましたウインク






帰りの駅での太郎さん。
毎回この荷物を持って飛行機で東京からやって来ます。
この情熱には本当に頭が下がるとともに、
自分はいつもいかに恵まれた環境で釣りをしているかを改めて考えさせられました。



これからいよいよ秋磯シーズン開幕。
来月からは各種大会目白押しですが、一回一回の釣行を大切に楽しみたいと思います。



さっそく今日、楽しみにしていた大会の通知が来ました。
それではまたバイバイ