https://youtu.be/lagx1lIuKJI

 

今回のホリエモンチャンネルについて、私は、
・・・「何か」が起こせそうじゃないか?
と思う。

↓今回の質問は ( 0分 12秒 )↓
※アメーバアプリは開始位置が
非対応。スマホwebブラウザは可。

 

↓堀江さんの回答は(1分 05秒)↓

 

 

用語にリンクを貼っておく。

 

オレは語るぜ!

「今回の質問」は、
アパレル企業EC担当をしています。
現在の売り上げはの多くは
「ゾゾタウン」でしめていて売り上げは好調。
「自社サイト」の売上を伸ばす為には
どのような政策が必要?

「堀江さんの回答」は、
『ゾゾタウン』には適わない。
『ゾゾタウン』の売り上げに特化すべき。
 

つまり、

『ゾゾタウン』の方が
「自社サイト」より「売り上げ」が上。

 

「自社サイト」「売り上げ」
「もっと伸ばす政策」を教えてってコトだな。


いつもの堀江さんなら、

『ゾゾタウンのサイト構成や
集客方法など、
やり方をパクれ。』
的な回答がきそうだが、

『ゾゾタウン』には適わない。
・・・っと言い切った回答。


『ゾゾタウン』のwebサイトをぱっと見た感じ、
「ひんやりした印象」で「写真」も「綺麗」。

まあ、「クール」ってコトだ。

「倉庫のシステム」などについても
堀江さん絶賛だ。

しかし、
『ゾゾタウン』の「オンライン在庫」は「品切れ」なのに、
「路面店」では「在庫が余ってる状態」が普通って言ってる。


面白い記事を見つけた。


驚異の純益8割増。楽天が真似できない「ZOZOTOWN」高成長のカラクリ
: ( https://www.mag2.com/p/news/239260 )


これによると、

「人気ブランド」を多く取り揃えることに注力し、
長年にわたる営業努力。何度も企業に足を運んで説得。

「ゾゾタウン」「受託販売」
「生もの食品」などは取り扱ってない。

「即日配送」するサービス

「有料会員サービス」に加入していれば、
一部商品を除いて「送料無料で返品可能」
「Eコマース」「試着ができない問題」を改善した。

・・・って内容だ。


なるほど・・・フフフ。

じゃあ、

「ゾゾタウン」の「強みの一部分」を拡大して、
「もっと消費者にメリットのあるサービス」を
展開させられないか?


「ゾゾタウン」「強みの一部分」にある
「小さなデメリット」を強化すれば、

「ゾゾタウン」には適わなくても、
「恩恵」はちょうだいできるハズ。

これは以前このブログ内
「お金を払う」とゆー行為には「未知の力」が働く。
: ( https://ameblo.jp/shohyou-horiemon/entry-12387922462.html )


において、
『 メルカリ 』『 ジモティー 』
「ヤフーオークション」を上手くパクった方法が使えるハズ。

要するに、
「大手のサービスの一部分」をマネして、
「もっと便利なサービス」にすれば
「潜在需要だからリスク低」。


①「人気ブランド」を多く取り揃えることに注力し、
長年にわたる営業努力。何度も企業に足を運んで説得。

これはもう「ヤルしかない」だろう。
「もっとヤルしかない」だろう。


②「ゾゾタウン」は「受託販売」で
「生もの食品」などは取り扱ってない。

なるほど、
質問者さんは「アパレル企業」なので関係ないと言いたいが、

 

間違っても、
「食品なども取り扱ってはどうか?」などと
「道をそれた提案」をしないコトを肝に命ずることだ。


③即日配送するサービス

仮に「自社で対応できないほどの受注が発生」してから考えればイイ事だが、
前もって「対応の準備」「机上の空論」でイイから
考えておくべき。


④「有料会員サービス」に加入していれば、
一部商品を除いて「送料無料で返品可能」。
「Eコマース」の「試着ができない問題」を改善した。

コレはどうだ?
・・・「ゾゾタウン」「一番強み」はコレじゃないか?
コレが一番「客が集まる甘い蜜」じゃないか?

よーく拡大して見てみよう。
④「有料会員サービス」に加入していれば、…

・・・コレを『無料』にすれば
「もっと甘い蜜」になるのではないか?


質問者さんの会社のwebサイトに、

『「無料会員サービス」に加入していれば、
一部商品を除いて「送料無料で返品可能」。』


と記述すれば、
「何か」が起きそうじゃないか?


それくらいじゃ
「Googleで上位表示」されない?
「Googleで上位表示」されたとしても、
集客できるとは限らない?

前前前回、
「実利」の伴う「フォロワー10万人」を目指せるのは・・・
: ( https://ameblo.jp/shohyou-horiemon/entry-12388158362.html )

の私のブログで、

「SEO対策」「キーワード検索」が、
「上位表示」されなくても、
「アクセスページビュー」を増やせなくても、

「SNS」で、
「フォロワー」を増やしたり
「営業活動」すれば
「商売」ができるってコトだ。

という記事を書いた。

「打つ手」はココにあるのだ。


「ゾゾタウンのSNS」には
・・・「フォロワー」がいる。

ゾゾタウンのTwitter
:( https://twitter.com/zozojp )


ココには
「フォロワー 474,653」アカウントが丸出しだ。

これらのアカウントに対して、
「質問者さんの会社のTwitterアカウント」
「フォロー」して行く。

「プロフィール欄」に、
『「無料会員サービス」に加入していれば、
一部商品を除いて「送料無料で返品可能」。』

と書いておく。

・・・「何か」が起こせそうじゃないか?
 

記事:イラストドットコム株式会社

 

 

▼ もっとホリエモン ( 2016/10/1 発売 ) ▼

Twitter 書評-ホリエモンfacebook 書評-ホリエモン

アメンバーぼしゅうちゅうどくしゃになってね!ペタしてね
にほんブログ村テーマ 書評、レビューへ人気ブログランキング YouTube・動画サイト 社長ブログ 企画書・プレゼン その他動画にほんブログ村 動画紹介ブログ ビジネス動画へ

ブログパーツ