https://youtu.be/aIeNOtjajag

今回のホリエモンチャンネルについて、私は、
「店員の生き生き働いてる姿」は
「エンターテインメント」であり、
それは
「ディズニーランドと同じ方向性」。

「人が生き生き働く姿」は
今後も「商品」であり続ける。

と思う。

 

今回の質問は、

( 動画:0分12秒~ )


用語にリンクを貼っておく。


堀江さんの回答は、

( 動画:0分13秒~ )


いいかぁ~?
オレは語るぜ!!

車や家電製品など、
「スペック表示」で内容が分かる商品は、
ネット通販に流れる。

・・・間違いない。

 

では、
「マクドナルド」等は店員なしで、
自動販売機ダケ置いておけば成立するか?


答えは「No,!」だ。

「店員の生き生き働いてる姿」
「エンターテインメント」であり、
それは
「ディズニーランドと同じ方向性」なのだ。

世界で最も成功している
「エンタメ企業」「ディズニーランド」は、

従業員全員が
「GIVE HAPPINESS」(幸せの提供)
という理念で働いている。

「有名なマニュアル」
大きく二つの内容で、
それは、

 

①「Duty(デゥーティー)」=「作業」

②「Mission(ミッション)」=「役割」

①「Duty(デゥーティー)」とは、
「誰がやっても同じ結果になる仕事」
(テーブル拭き、掃除、など)

②「Mission(ミッション)」とは、
「お客様に『幸せの提供をするための事』を自分で考え行う仕事」
(お客様が困った顔をしている、トラブル対応、など)


もし①と②が、
ロボット化された場合、
「①はできるだろう。」と考えがちだ。
しかし、

実は①すらムリ!

なぜなら、

ディズニーランドの「掃除係」は、
一人一人が、「園内の総合案内係」なのだ。

ディズニーランドには「案内標識」
「あえて少なく」してあり、
つまり、
「必然的」に、
等間隔でたくさん居る「掃除係」
道を尋ねるコトになる。

そこで
「客」「掃除係」
「コミュニケーションが発生」し、
「掃除係」「客」
「ありがとう!」と言われる。

・・・一日に何度も何度もだ。

場合によっては、
「道案内」でなく、
「急な体調不良」をうったえる客もいる。
その時こそ
②の「Mission(ミッション)」の時!
結果、
「掃除係」「客」
「ありがとう!」と言われる。

・・・一日に何度も何度もだ。

これは
「客」にとっても
「従業員」にとっても
「HAPPINESS」なのだ。

 

それは、
「意図的な仕組み」なのだ。

「店員の生き生き働いてる姿」は
「エンターテインメント」であり、
それは
「ディズニーランドと同じ方向性」。

「人が生き生き働く姿」は
今後も「商品」であり続ける。

 

記事:イラストドットコム株式会社

 

 

▼ もっとホリエモン ( 2016/10/1 発売 ) ▼

Twitter 書評-ホリエモンfacebook 書評-ホリエモン

アメンバーぼしゅうちゅうどくしゃになってね!ペタしてね
にほんブログ村テーマ 書評、レビューへ人気ブログランキング YouTube・動画サイト 社長ブログ 企画書・プレゼン その他動画にほんブログ村 動画紹介ブログ ビジネス動画へ

ブログパーツ