機能不全家族は安心安全な家庭環境ではないことって

どこかの本に書いてあった。

 

 

確かに、虐待を受けていたり、生きていくことに必要な衣食住を与えられなかったりした場合、

安全な家庭環境ではないと思う。

 

 

日本はジャングルのように猛獣がいないし、衛生上しっかりしている。
だから、サバイバル生活になることは少ないはず。

でも上記のような、虐待やネグレクトの場合は生きるか死ぬかを毎日経験している。

それだけでも辛いのに、更に残酷なのは、格差が子どもの目からもわかってしまうこと。

一番ショックなのは比較できてしまう環境なのだとおもう。

 

 

上記のように「安全」ではない家庭というのは少数派かもしれない。

でも、「安心」ではない家庭環境って、相当数該当するんじゃないだろうか。

 

 

両親の喧嘩が絶え間ない家庭

ずっと親にかまわれていて親の顔をみるのが苦痛な家庭

会話が全くない凍り付いた家庭

 

 

家族って何だろう。

安心って何だろう。

 

 

そんな風に思ってしまう家庭はどんどん増え続けているように感じる。

 

 

汚いことは隠す

都合の悪いことは隠す

 

 

そんな日本の美徳とされていた勘違いが

現代の息苦しさを生んでいるし、

SNSの普及もその勘違いを更に加速させているように感じる。

 

 

だから、何?

だから、どうするの?ってことなんだけど、

 

安心安全な環境はどんどん失われている時点で

もう他人事ではなく、全員が意識をもつべきことだと思う。

 

 

助けたい人は世の中沢山いるし、

そういう人たちに届くように声をあげないと誰も気づいてくれない。

 

 

残酷かもしれないけれども、

この世はサバイバルのようなもの。

自分の生死は自分の行動が握っている。

 

 

どうか生殺与奪の権は自分の手の中に常にもっていてほしいなと思います。

 

 

なんか今日辛口だな(笑)

明日はもっと軽くいこー。

じゃ、また明日~!

 

 

 

 

【診断とチェックリストまとめ】

 

▶あまのじゃく性格診断

あまのじゃくになるとあなたは何に変わるかな?

https://shohn8.com/amanojyaku-shindan/

 

▶アダルトチルドレン チェック

https://shohn8.com/ac-check/

 

▶共依存チェック

https://shohn8.com/ac-check/

 

▶匿名OKの質問箱

https://peing.net/shohn8

 

 

 

 

 
この記事を書いたのは、、、
 
 
AC専門心理カウンセラー

メンタル本大賞実行委員 細貝しょう

IMG_20170420_095942621.jpg

 

1985年生まれ。心理カウンセラー

武蔵野大学通信教育部 人間科学部 人間科学科卒業

公益社団法人 日本心理学会 認定心理士

メンタル本大賞実行委員

 

機能不全家族の中で育った経験から、アダルトチルドレン(AC)・家族関係の悩み(子育て、毒親、パートナー問題、義家族問題)に

関する個別カウンセリングを行っている。

また書店員と心理カウンセラーの経験を生かして、2021年よりメンタル本大賞実行委員として活動中。