【満席】8/1(水)火や水に制限あっても食べられる。非常時の災害食を学びましょう。 | 【枚方樟葉・京都八幡】オーガニック自然食・ヨガ&フラ・スイーツ・写真教室♡ママと子どもが楽しめる教室

【枚方樟葉・京都八幡】オーガニック自然食・ヨガ&フラ・スイーツ・写真教室♡ママと子どもが楽しめる教室

大阪枚方市樟葉周辺で女性向けの教室を開催中!大人になっても、ママになっても、自分のすきなことでだれかと繋がる時間を過ごしませんか?親子で通える教室。パン、料理、オーガニック自然食、ヨガ、写真教室、心理学、フラダンス、マクロビオテック


テーマ:



ライフラインが寸断されても食べられる、

あたたかい災害食を作って食べてみよう♪

 

ハート満席になりました。ありがとう

 

キャンセル待ちお申込はこちらをクリック



 


夏休みの自由研究にいかがですか?

屋根のある自分のおうち、

お部屋、お風呂
お布団、服、
そして、あたたかい食事って、
なんてありがたいんだろう、と

震災があるたびに普通の日常が
とても幸せに感じます。



阪神・淡路大震災、東日本大震災、
熊本大地震、そして関西でも淀川に沿って
走る活断層の地図を見れば、
いつ何が起きてもおかしくないなぁと
思います。



小さいお子さんや、

お年寄りがいるかたも

ぜひご参加ください。

 

ハート満席になりました。ありがとう

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

 

 

去年4月に発生した熊本地震で
発生から2週間後に兵庫医科大学などが
避難所などで食事について聞き取り調査を

行った報告です。

 



避難所で避難生活を強いられている方から、

「朝のパンがいや」「甘すぎる」
「ごはんが食べたい」「おにぎりが大きすぎる」
「飽きた」などの声があった。

「食べたいもの」については
「野菜」「肉」「朝食のごはん」
「小さいおにぎり」
など34人中32人が不満を訴えた。




今回講師をしていただく
小林裕子先生は、

元中学校の家庭科の先生で
 

現在は兵庫教育大学と四天王寺大学の

非常勤講師として、

災害食について研究中。

 


災害時、本当は「温かいものがほしい」
など思うことはあるが、

 

遠慮しガマンする傾向にあることなどから、
日常食べているもの(野菜なら常温保存がきくものなど)

日常から多めに蓄え、
災害時にもそれを使い調理が

できるようなものを作りたいと考えたそうです。

 


災害時の食料として浮かぶのが非常食の「カンパン」「缶詰」。

何年も蓄える事が出来るもの。

ですが、小林先生が研究されているのは、
ライフラインが寸断されても食べられる災害食。

 


「自分の口に合ったもの」
「我が家の味をいつでも…」というもの。



災害時であっても家庭の味を求めるのは、
決して贅沢ではないという思いから

研究を続けていらっしゃいます。

 


先生のオススメだという

「ツナじゃが」と「ツナカレー」を作ります。

火や水に制限があっても調理できる方法で、
ごはんも炊きます。

 


また、ちょっとした工夫もお話しし、

包丁やまな板、食器を汚さず食べる方法で
貴重な水を使わずに済みます。


同じ材料で、味に変化のあるメニューが同時に
調理できてしまいます。

みなさんで作って食べてみましょう。

 

講師:小林裕子先生

兵庫教育大学・四天王寺大学の非常勤講師 災害食について研究中。元中学校の家庭科教員。
この災害食を広めるため、教員を志す学生たちと「防災トライ部」を立ち上げ、テレビ番組「ちちんぷいぷい」でも災害食を紹介。地域のイベントに参加して災害食を体験したもらうボランティア活動を行っている。生徒のひとりからは「大学の講義で小林先生の授業を受けて(災害食は)洗い物が出ないっていうのがいいなぁと思って。そこから興味がわいてボランティアに参加しようかなと思った。」などと話す。これから教員になる若い学生から子どもたちへ災害食が広まることを願っている。「一生の研究テーマだと思ってさらに研究を続けていきたい。」

 

ちちんぷいぷいでも

放送されました♪

 

 

 

 

パンやおにぎりもすぐには届かないかもしれない避難生活。

もしおうちにあるもので、
あたたかい食事が少しでも食べることが
出来る準備があれば、

小さいお子さんも年寄がいる家庭も、
うちのような食べ盛りの子どもたちが
いる家庭も、

数日は過ごせるような気がします。



私は避難生活を経験したことがないので、

今回小林先生にもっと詳しく教えていただこうと
夏休みにお呼びしました。


保存がきく材料を使って、
水を使いまわして料理をする工夫、

 

アレルギーのお子さんも
比較的食べられそうな応用が利くレシピに
なっています。

 

そして何より

ご飯を耐熱性のポリ袋で焚きます。


わずかですが、調理に使う

災害食に便利なお土産もありますので、
ぜひお子さんと夏休みにお越しください。
 

 

ハート8/1(水)火や水に制限あってもおいしく♡非常時の災害食を学びましょう。



【日時】8/1(水)10:00~12:00 
【価格】¥2,500
※ひとり分材料費込(おひとり追加される場合は別途100円追加ください)
【お土産】非常時の調理に使う耐熱ビニール袋

<メニュー>
*ごはん *肉じゃが *カレー


【募集】15名ハート満席になりました。ありがとう
【場所】大阪枚方市樟葉生涯学習市民センター>アクセスこちらから
※京阪くずは駅徒歩10分・無料駐車場あり
【講師】小林裕子先生

キャンセル待ちお申込はこちらをクリック

 

 
■■■よくお読み下さい。キャンセルポリシーです■■■
●講師料のお支払いなどの関係(材料の準備の都合上)により、開催日の3日前からのキャンセルに関して返金はありません。全額お支払いいただくか、代わりの方をお探しいただきます。●未入金の場合も、上記規定によりキャンセル料がかかりお振込み頂くことになりますので、キャンセルの場合はお早めにご連絡ください。●代わりの方が見つからなかった場合、全額お支払いいただきました後、講座開催のテキスト、お土産などを送付させていただきます。
 


お申込み、お待ちしています♪

 

 

 

 

 

穂の時間minorinojikan-大阪枚方楠葉・京都八幡

>スケジュール詳細こちら>>

 

ニュースレター最新<2017.夏>
>こちらからご覧いただけます。

 

穂の時間(みのりのじかん)の先生たちがコラムを書かれてます♪
日本最大マザーズバッグ専門店”ディーコレ”

 

 

 

 

キラキラメルマガで最新講座情報をお届けしています。

>登録こちらから(無料・アドレスとお名前のみの登録)

 

 

キラキラLINE@で最新講座情報をお届けしています。

メルマガよりLINEのほうが便利!助かる!

かたはこちらへ登録してくださいありがとう

 

友だち追加

 

登録してくださったかたは、こちらでは分からないようになっていますので、

気軽に登録してくださいね!

※基本的にメルマガとLINE@の内容は同じものを配信しています。

 

穂の時間minorinojikan随時更新中です♪
→公式ホームページ
→フェイスブック

 

 

 

 

 

 

枚方樟葉・京都八幡 穂の時間 大西あやさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス