骨盤矯正 症状の関係 | 北九州市小倉南区守恒で有名な骨格骨盤矯正の 整体院!肩こり・腰痛などの体の不調もお気軽に 相談ください!

北九州市小倉南区守恒で有名な骨格骨盤矯正の 整体院!肩こり・腰痛などの体の不調もお気軽に 相談ください!

新小倉カイロプラクティックセンター
北九州市小倉南区守恒本町2-3-2
093-964-1025

http://www.new-kokura-kairo.com

骨盤矯正 症状の関係

骨盤は身体の中心に存在する「関節の複合体」です。この「関節の複合体」という視点が骨盤矯正では非常に重要となります。
骨盤は左右の仙腸関節や恥骨結合からなる関節の複合体です。
この関節のコンディショニングが周囲組織の固有受容器や筋出力に密接に関与しています。
そして骨盤は身体の中心に存在するため、その影響は全身の筋~骨格、及び内臓系に波及します。

バランス能力や基本動作への関与
人間の動作を円滑に遂行する上で、欠かすことができないのが骨盤のジャイロ機能です。
ジャイロ機能とは左右の骨盤が仙腸関節を起点として、互いにカウンターを取るように可動する機能です。
この機能が死んでしまうと(仙腸関節の可動性が失われると)、その機能が代償するように股関節や脊柱に大きな負担を強いることになります。
その結果、骨盤周囲や股関節、脊柱に付着する筋の出力低下を招き、様々な動作を阻害してしまいます。

足のしびれの影響
骨盤アライメントの不良は、股関節周囲筋の異常筋緊張を高めることにつながります。
その結果、筋肉に神経が圧迫されてしまい、しびれの症状が現れることになります。
坐骨神経痛などに悩まされる患者様にも、骨盤矯正は適用となります。

脊柱、頭蓋骨への負担
骨盤の歪みは脊柱への負担(脊柱の二次的な歪み)を招くので頸部痛や頭痛を招くことが考えられます。
しかし、頭頸部への影響は硬膜に着目しても説明することができます。
硬膜とは脳脊髄を包んでいる硬い膜でで、脳や脊髄を外傷や感染から守る役割があります。
硬膜は頭蓋骨の中では大脳鎌、小脳鎌、小脳テントという形で存在し、後頭骨の大後頭孔から脊髄神経を保護するように出てきます。最終的には第二仙椎に付着します。
つまり、仙骨と頭蓋骨は硬膜によっても連結しているのです。
そこで骨盤が歪み、仙骨のアライメント不良を起こしていたらどうなるのでしょうか?
硬膜ラインは左右に存在しますので、どちらかの硬膜が緊張する結果となります。
すると、その張力は後頭骨までにまで達し、頭蓋骨を歪ませたり、一次呼吸を制限したりします。
その結果、頭痛や頸部痛につながると言うわけです。

下半身のむくみや冷えと関係
骨盤の歪みが股関節や臀部周囲の異常筋緊張を招くという事は、筋の阻血が生じると言うことです。
筋の阻血=血流不全です。
下半身のむくみや冷えはいずれも血流不全の問題が根底にあるので、骨盤矯正を通して下半身への血流量を増加させてあげましょう。

生理痛生理不順
骨盤の重要な役割の1つとして内臓の保護が挙げられます。
そして、骨盤に保護されている生殖器は、骨盤の中に存在するので、当然骨盤のアライメント不良による血流障害の影響を受けます。
子宮も例外ではありません。
子宮は靱帯によって、骨盤底筋(主に肛門挙筋)に固定されています。
そして、骨盤底筋は恥骨から尾骨をつなぎ、子宮・膀胱を支えています。
つまり、骨盤のアライメントに非常に影響受けやすいのです。
言い方を変えれば、歪んだ骨盤は骨盤底筋を介して、子宮を引っ張ると言うことです。