sd-1105〜礼。 | 鈴木勝吾オフィシャルブログ「Smiling days★」Powered by Ameba

鈴木勝吾オフィシャルブログ「Smiling days★」Powered by Ameba

鈴木勝吾オフィシャルブログ「Smiling days★」Powered by Ameba


テーマ:
ゴールデンウィークに入り、絶賛池田屋中。


連日沢山のお客様ほんとにありがとうございます!!

ハイテンポハイテンションコメディ!!

うん!言葉通り!笑

でもそれだけじゃないですよ!

東京公演はあと2公演となりましたが最後まで駆け抜けます!!


それにしても、もういつのまにか、春を過ぎて少し暑いくらいの陽気。

袖から舞台の上に出る時、ほんとに色んな事を考える。

初舞台の時もそうだった。

その時もブログでそんなことを書いていたかな。


舞台の上には良くも悪くも色んな可能性が、広がってて。でも実は、経験していけばその緊張って慣れるのかなって思っていた。

否。


今もなくならないし、これからもきっと幾つになってもなくならないんだろう。


この瞬間を観に来てるお客様がいる。

殺陣がある。ダンスがある。台詞がある。

悪い妄想はいくらでもよぎる。それでも、ずずいと前へ進む。袖から舞台上へ。


そこはもう別の世界。

仕事なのだけどさ、仕事なんだよ。

でも夢なんだよなぁ  やっぱり。

そんなこと言ってたら辿りつけないことも沢山あると思うけど。
そんなこと掲げるからこそ、生まれるお芝居も等しく、あるんだろうなと信じてる。


それがどう届くかなんて、運。


タイミング

運命。


劇場には色んな毎日が集まってる。それぞれの今日が。

今日という日に至るまでの色んなことが、観に来てくださる方も、出る僕らも、スタッフさんたちも。

例え流れるような一日だったとしても、それもまた1日。
演劇という。作品というものを、通して、皆さまの今日という日にどれだけのものを打ち込むことができるか。
それを思い出すのが何年後でもいい。

そう願って今を、今日を生きます。


今日は「ザ・池田屋」東京千秋楽。

千秋楽だから何って感じだけど、人間だもの。千秋楽を意識しようとしまいと、何か乗るんだろうね、そこには、お客様も、造る側も、演り手も。



色んなものをつくっていきたい。

プレイヤーだからつくれるものもあれば、それだけでは生めない何かもある。

とにかく、その刹那に何か残る作品を死ぬまで少しでも多く残して死んでいきたい。

そう思う、今日この頃。



そんなことを書いていた、そして


池田屋。千秋楽終えました。

大阪はありますが。


一応。

一旦落着。


一旦休みます。

沢山の応援ありがとうございます。


少しでも響いて、届いて、そして、広がっていきますように。


僕にできるのはちっぽけなこと。でもそれが誰かの毎日を彩ることになればうれしいです。



そして、東京千秋楽、鳴り止まぬ拍手ありがとうございました。


大阪公演。

そして、ブラザーズレシピ、ジョーカーゲーム、スタミュ、全力で駆け抜けたいと思います。

なんとか生き抜いて掴みたいものを掴む。











鈴木勝吾さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース