南三陸町 | Shogoオフィシャルブログ「Shogo's Diary」Powered by Ameba
2011-05-23

南三陸町

テーマ:ブログ
こんばんは。



一昨日、仲間を誘って宮城県のボランティアに行ってきました。



今回の熱いやつらはこいつらだ!
photo:01

小野原
photo:02

大地
photo:03

でっくん(東出君)
photo:04

ウエマツ

であります。


みんな長旅後に撮ったのでモデルっぽくない写真ですいません。

いつもはちょーカッコいんだぜみんな!笑



さてさて今回は南三陸町。




海からすぐ近くの高台にあるスポーツセンターが拠点になってました。


photo:05




天候は朝から雨。



瓦礫撤去やる気満々の男5人でしたが今回は雨のため中止。


たまたまこの日はフリーマーケットと言うか、物資を1人2袋詰め放題の本当のフリーマーケットで現地の方々が生活物資を詰めてました。


でっくんと大地はそのフリマの手伝いに割り振られ、雨の中一生懸命頑張ってました。
photo:06



photo:07



photo:08




場所が別だったから写真こんだけしかないっす。。
でっくん、大地ごめん!






そんでもって俺らは



写真の修復作業に割り振られました。


photo:09



photo:10




津波で流されてしまって、バラバラになってしまった写真やアルバムがたくさん。

それに付いた泥を取り、顔さえ写っていれば筆で洗って修復し、干すという作業。


被災してしまった人達が家に戻ってまず探すものは写真らしい。



本当に責任のある作業。



子どもの写真や旅行の写真。


中には写真の裏に


昭和8年 ◯月◯日 除隊



除隊の時の写真って。 すごい。。



歴史を残さなきゃってウエマツが頑張って一枚一枚救ってました。

photo:11





写真の作業を指導してくれてたおっちゃん。

福島から被災地を回って指導してるらしい。



すごいですね!って言ったら、



いや~俺は離婚した身だからねぇ。
こんな事しかできないんだよ。




って恥ずかしそうに言うおっちゃん。




あんた本当に素晴らしいよ。






現地の人達は前より少し前向きに見えるけど、みんなそれぞれ抱えているものがあると思う。
大切な人を失っているかもしれないし、家を流されているのかもしれない。

スポーツセンターの二階はまだ遺体の安置所になってるし、被害にあった場所も道がようやく出来てるだけで、車は4階建ての屋上に横たわってるし、家が海にぷかぷか浮いている。



復興には時間がかかるし、長い目で見なければいけないから焦る必要はないよと、言われたけど、

今の現実をボランティアと言う現地の人と一緒の目線で見た方がいい気がする。

今を生きている人として。








次はまだ作業が進んでいないと聞いた石巻市に行こうと思う。






みんなお疲れ!





そして、




また行こう!

Shogoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース