中飛車 第65期王将戦挑決リーグ 羽生善治-久保利明 棋譜検討(超速対△3二金△5六歩決戦型) | 将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~
新型コロナウイルスに関する情報について

将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

オールラウンドプレイヤーを目指す序盤研究ブログです。最近は棋書 感想・レビューのコーナーで、棋書の評価付けもしています。

【棋譜でーたべーす】
第65期王将戦挑決リーグ 羽生善治-久保利明

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

先手:羽生善治
後手:久保利明

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △5四歩 ▲2五歩 △5二飛
▲4八銀 △5五歩 ▲6八玉 △3三角 ▲3六歩 △6二玉
▲3七銀 △7二玉 ▲7八玉 △3二金 ▲4六銀 △5六歩
(下図)

後手が芳しくないと言われていた仕掛け。

上図以下
▲3三角成 △同 桂 ▲5六歩 △同 飛 ▲3五歩 △同 歩
▲3四歩 △7六飛 ▲7七桂 △4五桂 ▲6八金 △3六角
(下図)

久保新手。かつては△3六歩。
4七の地点を受けたら△5六歩と垂らす意味か。

上図以下
▲2四歩 △同 歩 ▲3三歩成 △同 金 ▲5三角(下図)

上図から△3二銀も有力。以下
▲3五角成 △4七角成 ▲4五銀 △4六馬 ▲同 馬 △同 飛
▲4八飛 △同飛成 ▲同 金 △4六飛・・・
一見後手が上手くやったようだが、先手にも▲3四歩~▲4二飛の狙いがある。
総合すると、先手が良いのかもしれない。

上図以下
△4七角成 ▲4五銀 △4六馬 ▲4八飛(下図)

上図から△1九馬も有力。以下▲3一角成に対し、
△4六香▲5八飛△4九香成か△2九馬か。
先手はそこで何を指すべきか難しいところ。

上図以下
△3二金 ▲8八桂 △7七飛成 ▲同 金 △1九馬 ▲3五角成(下図)

駒割こそ飛車香交換だが、後手も指せそうな局面。
△2九馬も有力で、以下▲5四銀△7四馬が進行の一例。
△8五桂や△4七香で駒損を回復する見込みはある。

上図以下
△4二銀 ▲2一飛 △3一金 ▲2四飛成(下図)

▲2四飛成と歩を取りながら桂を守ったのが冷静。
▲1一飛成△6五桂と進むと、△5五馬が決め手になる恐れがある。

ここで、本当に微差だけど先手が良くなったのでは?と思う。
後手が駒損でも局面のバランスが取れている理由として、
後手の持ち歩が多い事が挙げられると思うが、
先手の持ち歩が増えるごとに、後手の主張が減っていく感があるので。

こういう微妙な部分は間違えている可能性が高いのだけど、
個人としての感覚を書かないと勉強にならないので、
あえて書き残そうと思う。見る人は参考にしないでね(笑)

上図以下
△8二玉 ▲5八金 △7二銀 ▲6八金 △9四歩 ▲7四歩
△同 歩 ▲4六馬 △同 馬 ▲同 飛
(下図)

美濃囲いに囲った久保先生の指し回しには感心した。
ここで落ち着いて囲うのか、振り飛車だなぁ、と。

対する羽生先生の▲4六馬は、感心というより興味深いと思った。
同価値の駒を交換すれば駒得が具体化する、という指し方は、
何となくだけど、チェスのような感覚だな、って感じたんですね。
チェスに詳しい人が聞いたら「知ったような事を言うな」と怒られそうだけど。
(いや、将棋に詳しい人にも怒られるかもしれないな:笑)

ただし、先ほども書いたように、
先手の持ち歩は形勢と直結している面があると思うので、
▲7四歩と打ち捨てるのは怖い指し方だな、と感じる点もある。
それでも馬交換を得と見た羽生先生には、何が見えているんだろう?

上図以下
△5一香 ▲5四歩 △9五歩 ▲3六飛 △3三歩 ▲8六歩(下図)

局面を決めてしまうと、駒損が響いてくるので、
後手は霧の中で姿を見せない仙人のような指し方がしたいのだけど、
羽生先生も黙って姿を見せない指し方をしているので、
久保先生は霧から出なくてはいけなくなっている。

馬を交換したのは、こうなる事が分かってたんだなぁ。

上図以下
△7三銀 ▲3七桂 △4七角 ▲6六飛 △6四歩 ▲5六銀
△3六角成 ▲4五桂
(下図)

△7三銀の隙を突くように、▲6六飛
そして桂の二段跳ねと、先手の指し回しは小気味良い。

この部分だけを見ると、
△7三銀▲3七桂の交換を入れなかったらどうなるんだろう?」
と思う。それはそれで嫌な指し方があるのだろうけど。

後手はいよいよ忙しくなった。

上図以下
△5七歩 ▲5三歩成 △5八歩成 ▲同 金 △同 馬 ▲6三と(下図)

金を奪い、一瞬ではあるが後手の駒得に転じた。
5一の香も睨みを利かし、何かが起きるならここだという空気がある。

では、その手段は何なのか・・・私には分からない。
ただ一つ言えるのは、本局は何も起きなかったという事である。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□