中飛車 第65回NHK杯テレビ将棋トーナメント 羽生善治-北浜健介 棋譜検討 | 将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~
新型コロナウイルスに関する情報について

将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

オールラウンドプレイヤーを目指す序盤研究ブログです。最近は棋書 感想・レビューのコーナーで、棋書の評価付けもしています。

会話形式で記事を書く企画をスタンダードにしていきたいです。
(主に手間の削減のため)

聞き手になってみたい人いる?(笑)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

先手:羽生善治名人
後手:北浜健介八段

▲2六歩 △3四歩 ▲7六歩 △5四歩 ▲2五歩 △5二飛
▲4八銀 △5五歩 ▲6八玉 △3三角 ▲3六歩 △4二銀
▲3七銀 △5三銀 ▲4六銀
(下図)

初段の大学生
「戦型は北浜八段のゴキゲン中飛車に羽生四冠の超速▲3七銀ですね。
流行りの形ってところですか。」



「ゴキゲン中飛車に対して超速▲3七銀は、もはや標準ですね。
角頭と5筋の位を同時に狙うのが、いかにも理論的です。」

上図以下
△4四銀(下図)

「個人的に、△4四銀は違和感しかないんだよね。
5筋の位と△4四銀で角道を二重に止めてるのが、どうも好きじゃない。」

「一度として△4四銀以外指されたことないんですよ。だから違和感ゼロです。」


「逆に自分は、これ以外の手しか指した事が無いよ。
今やってみたいのは△3二金型で、記事を書いてみたいと思ってる。」

上図以下
▲5八金右 △6二玉 ▲7八玉 △7二玉 ▲6六歩 △8二玉
▲6七金 △9二香 ▲7七角 △9一玉 ▲8八玉 △8二銀
▲9八香 △7一金 ▲9九玉 △4二角
(下図)

「急戦になるかと思ったら相穴熊になりました。」


「条件によって、急戦・持久戦を使い分けられるのも超速の魅力ですね。
上図△4二角は▲8六角の先受けで、左金を寄せやすくしている。
▲8六角がいると左金を寄せられないでしょ?」

「3一に成られちゃいますもんね。」


上図以下
▲8八銀 △9四歩(下図)

「端歩はタイミングを見計らっての端攻めの意味ですか?」

「▲9六歩と受けると、△5一金▲7九金△1二香▲3八飛に△5三角の後、
▲3五歩△同 歩▲5五銀△同 銀▲同 角△9五歩の含みがある。
▲同 歩△9七歩で上手い。」

「なるほど。」

「ただ、端歩の交換を入れずに△5一金から上記同様に進めても、
▲5五同角の時に△9七角成と歩を奪えるから難しい。以下
▲1一角成△3一馬▲3五飛△3二飛▲3四歩・・・
この局面を先手良しと見てるんですかね。」

上図以下
▲7九金 △5一金 ▲6五歩(下図)

「先手は▲3八飛と▲6五歩、どっちを先に指すのが得か、っていう問題がある。
▲3八飛には△5三角▲6五歩△1二香と受けられ、以下
▲3五歩△同 歩▲5五銀△同 銀▲同 角△9七角成で難解。
△9五歩から端歩を伸ばす含みがあるのが△9四歩の効果ですね。

▲6五歩も次に▲3八飛△5三角▲5五銀の筋を狙ってるから、
上記と同様に進めたければ、上図から△1二香と指す事になるけど、
そこで▲8六角とぶつければ、▲2四歩△同 歩▲2三角で△1二香を咎められる。」

「▲6五歩の方が方針が広いんですね。」

上図以下
△9五歩 ▲3八飛 △6二金左 ▲3五歩 △同 歩 ▲同 銀
△同 銀 ▲同 飛 △3三角 ▲3七桂 △5六歩 ▲同 歩
△7七角成 ▲同 金 △5七歩
(下図)

「先手の選択肢が多く、後手も迂闊な手は指せないと。
だから△9五歩と突き越して相手の出方を伺ったんですね。」


「本譜の進行は羽生先生が誘導した、と考える事が出来る。、
『端の位は譲ります。その代わり3筋は攻めさせてね』という方針だね。」

「▲7七同金までは一直線って感じですかね。」

「本譜のように△5七歩と垂らされるのが嫌なら、
▲3三角成△同 桂▲5六歩なんだけど、それは△4四角が嫌かな。
後手としても、△5七歩と垂らさず△5六飛や△3三歩という戦い方も有力。」

「考えてみれば色々あるものなんですねぇ・・・」

上図以下
▲3一飛成 △5八歩成 ▲3五角 △5七角 ▲同 角 △同 と
▲3五角 △6八銀 ▲同 金 △同 と ▲同 角 △5六飛
▲6七銀
(下図)

「▲3五角は攻防ですね。」

「対抗形は、どちらが攻防の角を打つかが大きいです。
急所のラインが共通しているので。」

「△5七角~△5六飛が感触良さそうです。
順調に駒を捌いたって感じがします。」


「羽生先生もと金を消したのは大きいです。
穴熊は、金駒で迫られる分には耐久力があります。
この辺りは良い勝負でしょうか。」

「▲6七銀に△2六飛とかはぬるいですか?」

「△2六飛もあったと思います。
ただ、先手の方が桂香を拾いやすいのは気になります。」

上図以下
△5七角 ▲7九銀打 △6九金(下図)

「△5七角~△6九金は穴熊らしい攻めですね。」

「この瞬間、後手の方が玉形が良いですし、
桂香を取られていない内に手にしたいところです。」

上図以下
▲5六銀 △6八金 ▲同 銀 △同角成 ▲7八金打 △同 馬
▲同 金 △6九銀 ▲6八金 △7八金 ▲6九金 △同 金
▲7八銀 △6八金 ▲7七銀直 △7八金打 ▲6八銀 △同 金
▲3五角 △7八角 ▲6八角 △5六角成 ▲5一飛
(下図)

「馬を切ってから駒台に駒が行ったり来たりと苛烈な攻めですね。」

「歩が利かない攻めなので、後手は千日手覚悟の張り付きです。」

「先手も▲3五角や▲5一飛と攻防に利かせながら
着々と反撃の力を貯めてますね。」


「先手は上手く対処すれば優勢がつかめそうです。」

上図以下
△6七銀 ▲3五角 △7八銀打 ▲7七金 △5三歩(下図)

「△5三歩は冷静に飛車角の利きを遮断し、
緩急の見本って感じがします。」


「ただ△5三歩と打つようでは少し辛いかもしれません。
もう一手先手に受けられてしまうので。」

「その受けられた結果がこの後の千日手スレスレの攻防ってわけですか。」

「打開するなら△5三歩に▲7一飛成もありました。
以下△同 銀▲同 竜△7二飛▲2一竜・・・この進行でも先手がまずまずに見えます。
いずれにせよ、先手は千日手模様の攻防のどこかで▲7一飛成の機会をうかがっています。」

上図以下
▲7九金 △同銀不成 ▲同 銀 △7八金 ▲同 銀 △同銀成
▲同 金 △同 馬 ▲8八金 △6七銀 ▲7八金 △同銀成
▲8八銀 △6七金 ▲7九銀打 △同成銀 ▲同 銀 △7八銀
▲8八銀打 △7九銀成 ▲同 銀 △7八銀 ▲同 銀 △同 金
▲8八銀 △6七銀 ▲7九銀打 △同 金 ▲同 銀 △7八銀打
▲同 銀 △同銀成 ▲8八銀 △6七銀 ▲7九金 △同成銀
▲同 銀 △7八金 ▲8八銀打 △7九金 ▲同 銀 △7八銀打
▲7一飛成 △同 銀 ▲同 龍 △7二飛
(下図)

「▲7一飛成から打開しましたね。」

「ただ、上図△7二飛が穴熊流の受けでした。
▲6二竜と切られた時に8二に利いています。」

「お互いに攻め合い、守り合いの乱戦ですね。
形勢が全く分からないなぁ・・・」


上図以下
▲6二龍 △同 飛 ▲7一銀 △7二金 ▲6二銀成 △7九銀不成
▲同 角 △7八銀打 ▲8八銀 △6二金 ▲7七金 △6八銀打
▲2二飛 △7二飛
(下図)

「ここは先手勝ちの局面で、
▲7八金△同 銀成▲6八角△同 成銀と攻め駒を遠ざけたり、
▲6八角△同 銀成▲7一銀と攻め合ったりと、複数の手段があります。」

上図以下
▲7一角 △7七銀成 ▲8二金 △同 飛 ▲同角成 △同 玉
▲6二飛成 △7二金 ▲同 龍 △同 玉
(下図)

まで166手で後手の勝ち

「秒読みで複数の勝ち方があると、読みが深まらない事ってありますよね。
もし羽生先生がそんな状態だったとしたら、珍しく人間らしさが出たという事でしょう(笑)」

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□