将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

オールラウンドプレイヤーを目指す序盤研究ブログです。最近は棋書 感想・レビューのコーナーで、棋書の評価付けもしています。


テーマ:
時折ツノ銀中飛車についてのコメントが来るので、
記事を一つ書いてみます。根強い人気があるんですね。

初手から
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲4八銀 △4二銀
▲5六歩 △5四歩 ▲5八金右 △5二飛 ▲6八玉 △6二玉
▲7八玉 △7二玉 ▲5七銀 △4三銀 ▲2五歩 △3三角
▲7七角
(下図)

ツノ銀中飛車というのは、飛車を牛に見立てて、
4三と6三に銀を配する形がツノのように見える事から、
ツノ銀、という名前が付いたようである。

よって、中飛車側が美濃囲いだった場合は「片ツノ」なのだけど、
便宜上、それもツノ銀中飛車と呼ぶ事が多いようだ(その場合、左金は3二)。

で、今回触れていくのは「片ツノ」の方。
6三に銀がいる形は「風車」として、後日記事をあらためて書こうと思う。
(それがいつになるのか、私も知りませんがー・・・)

上図以下
△8二玉 ▲8八玉 △7二銀 ▲9八香 △3二金 ▲9九玉
△4五歩
(下図)

「ツノ銀中飛車の至上の喜びは△4五歩にある」

まぁ、こう言い切っちゃっても良いでしょうね。
何せ、△3二金と上がって玉の守備をおそろかにしてまで、
角交換を可能にしているのだから。

「だったら最初から角交換しておけば良いじゃん?」って話になっちゃうんだけど、
要するに「△4五歩の位は価値高いよ」って作戦なんだよね。きっと。
▲3七桂や▲4六歩の反発を食らう可能性があるので難しいけども。

これに対し、▲6六銀という受け方は考えられるけど、
△6四歩~△7四歩~△7三桂と圧迫されて、
「歩越し銀には歩で対抗」とされると、居飛車の形が悪くなる。
それで形勢がどうこうという話ではないのだけど、
穴熊に組めるだけでお腹一杯なので、あまり指されない手だ。

上図以下
▲6六歩 △5五歩 ▲同 歩(下図)

上図から、プロの実戦例は100%△同 飛なのだが、
△同 角もあるかなーと考えている。

両者の違いは、
△同 飛・・・△5一飛型を作る。
△同 角・・・△4四角型を作る。
というもの。いずれも大駒の引き方によって手得を得ようとしている。

実は自分もツノ銀中飛車にハマっていた事があって、
その時は△同 角ばかり指していた。

参考記事:中飛車 ツノ銀中飛車 対 居飛車穴熊 実戦 棋譜検討

定跡書にすら載っていないので、誰もやらないと思うけど、
まずまず有力だと思うので紹介したい。

1.△同 角

△同 角 ▲6七金 △3三桂 ▲8八銀(下図)

1-1.△同 角を選べば、上図までは自然な進行と思う。

▲6七金
のところで▲5六銀もあるが、
△3三角▲4五銀△6四歩で後手が十分指せる。
△6五歩から角交換して、△3三桂が絶品の味だから。

上図からは
1-1.△3五歩
1-2.△4四角

がある。順に見ていこう。

1-1.△3五歩


1-1.△3五歩以下、後手にとって都合の良い展開は、
▲5六歩 △4四角 ▲7九金 △5四飛 ▲2四歩 △同 歩
▲同 飛 △2三歩 ▲2八飛 △5三角(下図)

こうなれば、後手が楽しい展開だ。

上図△5三角が大事なところで、
6二や7一だと▲8六角~▲2二歩の筋が生じる。

よって、もし先手が▲8六角の筋で将棋を組み立てたいなら、
▲7九金のところで▲8六角と出る事になる(下図)。

▲8六角は良く出てくる手段で、
ツノ銀中飛車にとっては厳しい相手である。

△3四歩型なら△8四歩もあるが、△3五歩型だとやりにくい。
浮き飛車+銀冠は、左右両方に手が掛かりすぎるから。

上図以下
△5三角 ▲6八角(下図)

△5三角とぶつけるのは常套手段。
角交換は後手に利があるので▲6八角も自然だ。

この時、角が△3五歩を睨む位置になる事と、
△5四銀に▲2四歩が十字飛車狙いになる事が、
△3五歩型のマイナス点。

上図からは浮き飛車にしたいのだけど、
△7一角は▲4六歩△5四銀▲2四歩の時に角が使いにくい。

よって、上図から浮き飛車にするなら△4二角が最良策か。
▲4六歩の反発には△5四銀と応じて、△6四角の筋で応戦する。
また▲7九金△5四飛▲4六歩には△3四飛▲4五歩△3六歩。
以下▲同 歩に△6四角が狙いの捌きで、
▲5五歩△同 角▲4六銀△同 角▲同 角△3六飛で振り飛車捌けている。

また、思い切って動く手順は考えられる。▲6八角以下
△3六歩 ▲同 歩 △6四角(下図)

上図から▲1八飛△5四銀と進めば、
△2五桂や3筋の垂れ歩、または△4三金の立て直し等を狙って、
後手一歩損ではあるけれど、先手も嫌な局面かも。

先手の最善は▲4六歩だと思う。
後手も△5四銀と応戦する(下図)

後手は歩損だけれど、▲4六歩とぶつけてもらうことによって、
先手陣が完成する前に決戦にする狙いだ。

ここで▲7九金と手を戻すと、
△4六歩 ▲同 銀 △4五歩 ▲3七銀 △3八歩 ▲同 飛
△2五桂
と捌いて難解な将棋になる。

よって、上図からは▲2四歩(下図)

この手は△同 歩▲同 飛△2三歩に▲2七飛と引く狙い。
そう進んでしまうと、良い手段が見つからなかった。

また、△4六歩と決戦するのも
▲同 銀△4五歩▲5五銀△同 銀▲同 歩△同 角
▲5八飛・・・
これも後手が支えきれない。

△3六歩は一歩損するので、
動ききれないと後手が不利になるだろう。うーん・・・残念。
やはり、無難に△4二角の変化にするのが良さそうだ。

という訳で、1-1.△3五歩には▲8六角が難敵なのだけど、
参考までに、その他の手段を自分の実戦例を交えて紹介したい。

実戦例1.

△3五歩以下
▲5六歩 △4四角 ▲4六歩 △同 歩 ▲同 銀(下図)

▲4六歩の反発がなかなか機敏だった。

以下△4五歩には▲5五銀で投了級なので、
△7一角と当たりを避けておいた(下図)

上図以下、▲7九金には△5四飛、
▲6八角には△4二飛の要領でどうかと思ってたけど、実戦は、
▲5五銀 △4二飛 ▲8六角 △4一飛 ▲4八飛(下図)

上図から△4五歩▲6五歩△5四歩▲6六銀△5二銀として
無理矢理浮き飛車に構えてどうなるか。
良いタイミングで△4六歩と突ければ良い勝負になると思う。

実戦例2.

△3五歩以下
▲5六銀 △4四角 ▲5五歩(下図)

実戦例2.は強気に盛り上がってきた。

△5四歩▲同 歩△同 銀は▲2四歩があるので、困ったなーと思ったが、
△5四歩▲同 歩△同 飛がちょっと変わった打開策(下図)。

以下▲5五歩には△9四(8四)飛とし、
△7一角から強引に石田流を完成させる。
そこまでいけば、振り飛車もまずまずだろう。

それなりに有力な1-1.△3五歩だけど、
浮き飛車を狙っても、先手に動かれると中央の将棋になる。
そうなった時、1-1.△3五歩を生かすのは難しい。
何とか△6四角と出る流れに持ち込んで行きたい形である。

1-2.△4四角


1-2.△4四角は、当たりを避けて無難な手。

上図から▲5六歩には△3五歩と突いて、
1-1.△3五歩
に合流する手もあるし、
△5一飛と引いて2筋に展開する手もある。
また、▲3六歩と突く手には△3五歩の反発もある。

「じゃあ1-1.△3五歩って意味無いじゃん?」
って思われるかもしれないけど、そうではなくて、
「△3六歩と突くぞ」と脅して▲5六歩を打たせる意味なのである。

よって、脅されていない上図は▲7九金が本手となる(下図)

これでも△5四飛や△3五歩で浮き飛車を目指す将棋は考えられる。
やはり強敵は▲8六角で、先手の持ち歩がどう影響するかだけど、
1-1.△3五歩より後手が得とは考えにくい。

よって、今回は△5一飛と引く形を考えていく(下図)

上図は△5五歩▲同 歩に△同 飛とした場合も、
同様の局面に誘導することが出来る。
(▲6七金△5一飛▲8八銀△4四角▲7九金△3三桂)

上図では、やはり▲8六角が本手と言われている(下図)

上図で△2一飛は▲5六銀が好形となる。
△2四歩▲同 歩△2五歩には▲5八飛、
△2四歩▲同 歩△2六歩には▲6八角、
いずれもピッタリの反撃である。

上図から、自然な手段は△5四銀や△9四歩。

△5四銀以下は
▲5六銀 △5五歩 ▲6五銀 △同 銀 ▲同 歩 △5六歩
▲5二歩(下図)

▲5六銀は強気すぎるようにも見えるが、
▲8六角型を生かした手順。この手に換えて、
▲2四歩は△同 歩▲同 飛△4三銀、
▲3六歩は△5五角で先手大変なので、
仕方ない、という意味もあるが。

上図▲5二歩の反撃に対し、
△同 飛は▲4一銀△5一飛▲3二銀不成△5七歩成▲7七金で、
後手が不利になってしまうので、△同 金と取るくらいか(下図)。

上図からは強く▲5六金が良いだろう。以下
△6七銀▲5五銀△3五角▲6六金△5七角成▲5四歩
と進めれば、中央に厚みを作った先手に分がある。

△9四歩以下は、
▲6五歩 △5四銀 ▲6六銀(下図)

▲6五歩では▲5六銀もあるが、歩を使う方が私の好み。
左辺で盛り上がれば手に困らなくなる。

△5四銀も△9四歩も、戦いが左に移っているのが分かると思うが、
そうなると△3二金が機能しなくなるのが辛い。
そして、この流れを作っているのは▲8六角である事も見逃してはならない。

そこで、中飛車道場第4巻 では△5三角と書いてある(下図)

角交換は後手有利なので、▲6八角(下図)と引くよりないが、
これで左辺の戦いを避けることが出来る。

うーん・・・これもまた手が難しい・・・

やっぱり▲6五歩や▲5六銀が警戒対象なので、
勢力を足すなら△5四銀なんだけど、
それでも無視して▲5六銀と立つ手がある(下図)

次に▲6五銀で駒がぶつかっちゃうから
後手は上手く押さえ込めない。

▲6八角には、手損にはなるけど△4四角かなぁ・・・(下図)

▲2四歩には△同 歩~△3五角、
▲5六銀には△6四歩と突いて、まだしも対抗できるけど、
これもやっぱり▲6五歩で、後手が嫌だなぁ。

この変化は▲5六歩保留が良い工夫ですよね。
後手自信無いです。


さて、ここまで書き進めてきた1.△同 角型なんですが、
一つ問題点があるのです。

ここで定跡書は▲9九玉しか載っていないですし、
上記手順もそれに沿って書いてきたのですが、
手堅く組むなら▲6六歩が先だと思います(下図)

後で記す2.△5五同飛型は、ここで△5五歩と突けば合流しますが、
これまで書いてきた1.△同 角型にするためには、
ここで△4五歩と突くしかありません。以下、
▲6七金 △5五歩 ▲同 歩 △同 角 ▲5六銀 △2二角(下図)

こう進むと、▲4五銀があるので、
一歩を犠牲に暴れる手があるかどうかが問題です。
(△2二角は桂の捌きを狙ったもの。当然△3三角もあり、比較は難しい)

上図から▲2四歩は、
△同 歩 ▲同 飛 △5五歩 ▲4五銀 △3三桂 ▲3四銀
△同 銀 ▲同 飛 △4二飛・・・
これは先手も嫌だと思うので、素直に▲4五銀が良さそう。以下△6四歩(下図)

次の△6五歩の筋がどのくらい厳しいか、
この形を指すなら課題になりそうです。
パッと見は、それなりに良い勝負に見えます。

2.△同 飛


2.△同 飛は、よく定跡書に載っている普通の手ですね。

上図以下
▲6七金 △5一飛 ▲8八銀(下図)

上図から△4四角は1-2.△4四角に合流するので、
ここでは△5四銀のみ考えて行きます(下図)

でも、この形はあまり好きじゃないです・・・
振り飛車から動くなら△4四角~△3三桂だけど、
飛車先交換~▲3四飛の横歩取りがチラつくから。

これまでの研究手順も、△5四銀と出る展開は少なかったですよね。
銀をぶつけていく将棋だと△3二金が余っちゃう感じがして、穴熊相手には不安です。
金銀を連結良くしておいて、飛角桂で捌く感じなら良いんだけどな。

ま、そんな個人的な見解は置いておいて、
上図から、何例かの進行を示していこう。

△5四銀以下の進行例1.

△5四銀 ▲5六歩 △4四角 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛
△3三桂 ▲8六角
(下図)

この図は、読者の方からコメントを頂いた形です。

「△2八歩は▲2三歩で辛そうですし、
将来6四角を打つ筋を残すためには事前に6筋の歩を突くわけにもいかないですし。。。
 この飛車先交換を△2三歩と収めなければならないのなら、
少し苦しいような気がするのですがorz」


そうですねー。御指摘の手順では振り飛車自信無しです。

私のオススメは△3五角▲3四飛△7一角(下図)

こうなれば、先手も飛車が狭いので大変でしょう。
▲2四飛と戻すのは△3五角▲2八飛△2七歩の要領。
▲7九金等でも△4三銀▲2四飛△3五角ですね。

△2一飛と回る感じになれば後手もまずまずです。

△5四銀以下の進行例2.

▲5六歩 △4四角 ▲7九金 △3三桂 ▲2四歩 △同 歩
▲同 飛
(下図)

先手はやっぱり▲7九金と締まっておいた方が良いですね。

ここで前述の△3五角▲3四飛△7一角は▲6五歩で失敗。
横歩を取る含みがあるので、角はこのままの方が利いてます。

ここで△2八歩と打つのは▲2三歩△2一飛▲8六角が受けにくいので、
黙って△4三銀と引くくらい。以下▲3六歩で下図。


▲3六歩は△3五角を消しつつ、
△2八歩には▲3七桂を見たもので、必然手に近い。

先手には▲4六歩・▲6五歩・▲8六角など、攻めに困ることはありません。
後手は穴熊の暴力を食らいそうです。

△5四銀以下の進行例3.

▲5六歩 △6四歩 ▲7九金 △6五歩(下図)

こういった6筋攻めもよく見かけますけど、
穴熊が完成しちゃってるので、先手問題無いです。

具体的には▲同 歩△同 銀▲6八飛ってイメージ(下図)

こうなると早くも後手ギブアップ。△3二金がひどすぎます。

▲6五同歩に対し、他の攻めも考えられますが、
△5五歩▲6六銀△5六歩▲同 金も、
△7七角成▲同 桂△5五歩▲6四歩も、
居飛車の堅さ・遠さが生きそうです。

片美濃って6筋が凄く弱いので、
条件が良くない限り、自分から6筋で動くのは自殺行為です。


まぁこんな感じで、後手から動く手はいくつかあるんですけど、
△3二金と上がる必然性に乏しい展開になりやすいです。

多分後手の最善は持久戦にして、
銀冠にしたり、△4三金と上がったりする展開だと思いますが、
「王様を囲うんだったら△3二金としなければ良かったのに・・・」
って自分は思っちゃうので、あまりやる気がおきません。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

最後に、この形の実戦例を置いておきます。
更に研究したい方は並べてみてください。
(紹介していない形もありますよ)

大内-桐山戦中原-森安戦大内-佐藤康戦河口-小林宏戦
富岡-内藤戦加瀬-深浦戦有森-小林宏戦先崎-沼戦
畠山-杉本戦小林健-南戦森下-大内戦鈴木-北島戦

本記事を評価して頂ける方はポチっとお願いしますわ。


AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。