三間飛車 菅井流4手目△3二飛戦法 | 将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

オールラウンドプレイヤーを目指す序盤研究ブログです。最近は棋書 感想・レビューのコーナーで、棋書の評価付けもしています。


テーマ:
菅井流はまとめておきたい形がいくつかあるが、
とりあえず直近の対局を考えたい。

参考棋譜:藤原-菅井戦(順位戦)

初手から
▲2六歩 △3四歩 ▲7六歩 △3二飛(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

▲2六歩は2手目△3二飛対策。

この手があるので後手振り飛車の可能性は狭くなっているのだけど、
菅井先生は驚きの4手目△3二飛戦法。
これが成立するなら後手振り飛車は新分野を開拓する事が出来る。

上図で▲2五歩は△6二玉で、2手目△3二飛戦法に合流する。

また、▲4八銀なら△3五歩で石田流にしようというものだろう。
後手で石田流に出来れば不満は無い。

という訳で、
石田流を警戒するなら▲6八玉・▲5六歩。
乱戦に持ち込むなら▲2二角成(本譜)が考えられる。
順に考えてみたい。

1.▲6八玉・▲5六歩

将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

▲6八玉に対しても△3五歩が利けば分かりやすいが、
多分成立しない・・・はず。

でも、結構面白い変化もあるんですよね。

上図以下
△3五歩 ▲2二角成 △同 銀 ▲6五角 △5二玉 ▲8三角成
△3六歩 ▲同 歩 △5五角 ▲7七桂 △2八角成 ▲同 銀
△3六飛
(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

途中△2八角成がポイントの手で、
平凡に△3六飛は▲3七歩△7六飛▲7八金△7四飛▲2五歩で先手が指しやすい。
▲2六歩が生きる展開にしてはいけない。

△2八角成は▲2六歩を負担にする、この場合の手で、
横歩取りを狙っている(よって、王手飛車を避けた△5二玉でないといけない)。

このままみすみす歩を取られるのもつまらないので、
▲3七銀と上がるくらいだが、△3二飛で下図。

将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

△3二飛では△7六飛もやってみたい手だが、
▲6五馬△7四飛▲5五角で困る(角を渡したデメリット)。

この図は△2七飛や8筋からの攻めがあり、
先手がまとめにくい意味がある。
早指しなら後手が勝ちやすそうだ。

上図では▲3六歩も有力で、今考えるとそれが一番穏やかで良さそうだ。
△8六歩▲同 歩△8七飛が嫌だけど、▲7八玉△8六飛成▲6五馬で、
竜の働きが不十分なので先手が指せそうだ。以下銀冠を目指して十分。
(△8六歩には▲7八玉△8七歩成▲同 玉と突っ張るのもあるかもしれない)

昔考えた時は、▲3六歩が何となく冴えないように感じたので、
▲4六歩が成立するかを読んでいた・・・気がする。(うろ覚えだ)

上図以下
▲4六歩 △8六歩 ▲同 歩 △8九飛 ▲8八角(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

上図では△3七飛成▲同 桂△8七銀が狙い筋。

その筋を決行する前に△7二金などと自陣を締めたいが、
▲3八馬が価値の高い手になる。
以下△3七飛成▲同 桂△8七銀に▲7八金△8八銀成▲同 銀が可能になる。
(4九の金にヒモが付いたため)

よって後手は上図からすぐに△3七飛成▲同 桂△8七銀を決行するが、
▲4五桂で下図。
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

この図も先手十分だと思う。
次に▲5三桂成△5一玉▲8二飛!が厳しい攻めだし、
△6二金などと受けても▲6五桂の応援が利く。

こうして昔の研究を思い返してみると、
より厳しく勝ちに行きたい、という想いがにじみ出ている。
今なら前述の▲3六歩で何が悪いの?と思うところだが。


・・・懐古の情は置いておいて(笑)
今大事な事は▲6八玉に△3五歩は不成立という事だ。
では、▲6八玉には何を指せば良いのだろう?(下図再掲)

将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

恐らく、上図では△4二銀が正着。
以下▲2五歩には△8八角成▲同 銀△2二飛で、
自由に駒組みが可能な角交換振り飛車が指せる分、後手に不満は無い。

なお、▲6八玉のところで▲5六歩と突いても同様に△4二銀だ。
「角交換に5筋を突くな」の格言があるので、後手が十分だろう。

2.▲2二角成

▲2二角成が本筋だろう。以下、
△同 飛 ▲6五角 △7四角 ▲4三角成(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

▲2二角成とすれば上図までは一直線だ。

ここで△4七角成は▲5三馬が残る。
これは2手目△3二飛戦法と大きく異なる点だ。

そこで一度は△4二金と上がる。以下▲3四馬 △4七角成(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

ようやく角を成る事が出来た後手だが、既に一歩損。
まさかこの形に鉱脈があるとは思いませんでした。

後手の主張は「5七の歩取りが受けにくいでしょ?」という事。
例えば▲5八金右などと受ければ△6五馬で、7六の歩が受からなくなる。
また▲5六馬とぶつける手も、△同 馬▲同 歩△4七角で歩を回収できる。

という訳で、5七の歩を受けながら7六の歩にも気を使うには、
▲6八金、あるいは▲6八銀という事になる(7七に上がって歩を受ける意味)。

本譜は▲6八金△3三金と進行しました(下図)。
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

ここで案外先手の馬の行き場所が難しい。

▲1六馬や▲2五馬は△6五馬▲7七金△4二飛、
▲3五馬や▲4五馬は△6二玉~△4二飛、
いずれも先手の陣形がバラバラで、まとめにくい。
後手の3三の金は先手馬をいじめる主力の攻め駒になるだろう。

という訳で、本譜は▲5六馬とぶつけたが、
△同 馬▲同 歩△4七角と進んだ下図は後手を持って十分指せる。
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

上図以下▲5七金と上がるくらいだが、形が乱れるので大変だ。

なお、▲6八金のところで▲6八銀もありえる(下図)。
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

以下△6五馬には▲7七銀なので、
△3三金▲5六馬△同 馬▲同 歩(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

上図から△4七角▲5七銀と進むのなら、本譜よりも先手の形がキレイだ。

問題は△8八角と打ちこまれた時である(下図)。
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

▲7七角で簡単に受かるようでも、
△同角成▲同 銀△4七角で、今度は▲5七銀が無くなってしまう。
藤原先生の▲6八金は、この△8八角を警戒してのものだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本作戦は、▲2六歩に対しても△3二飛戦法が使えるのではないかという問題提起だ。
もし成立するなら後手にとって心強い知らせとなるだろう。

本記事を評価して頂ける方はポチっとお願いしますわ。


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス