三間飛車 久保システム | 将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

オールラウンドプレイヤーを目指す序盤研究ブログです。最近は棋書 感想・レビューのコーナーで、棋書の評価付けもしています。


テーマ:
コメント返し強化月間・棋譜から考える大局観など、
読者の方との交流記事が続いてるんですが、
個人的に気になる戦形があるので、書かせて下さい。

初手から
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲4八銀 △9四歩
▲5八金右 △9五歩 ▲6八玉 △4二銀 ▲7八玉 △4三銀
▲5六歩 △3二飛 ▲2五歩 △3三角(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

一時期、久保先生が藤井システムの三間飛車版を指していました。
本記事ではその作戦を、便宜上「久保システム」と呼ぶ事にし、
検討を重ねていきたいと思います。

久保システムが生まれた背景には、
下図のような先手の急戦策がある。
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

上図は、後手藤井システムの一変化。
▲3五歩の仕掛けが有力で、後手が藤井システムは苦しくなった。

参考記事:四間飛車 後手藤井システム△4三銀型 対 先手右銀急戦

これは私の勝手な想像だが、
久保システムは▲3五歩急戦に対応すべく生まれたのではないかと思う。

ただし、当然ながら飛車の位置を変えてしまうと、
藤井システムとは違う変化が出てくる。
本記事では、どう違うのかを検討してみたい。


まず居飛車がジックリと居飛車穴熊に組む変化に関してだが、
これは四間飛車だろうが三間飛車だろうが、あまり差は出ない。

何故なら、どちらにしても下図のような戦略を取る事になるからだ。
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

△4三銀型藤井システムの一変化だが、
△6二飛と回るつもりなら、元の飛車の位置に意味は無い。
(逆に言うと、久保システムで△5二金左と上がるタイミングはシビアという事)

居飛車側が穴熊に組む場合、
具体的に変化が生じるのは、穴熊を急ぐ時だろう。
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

上図もやはり藤井システムの一変化。
次の△4六歩~△7六銀の筋を見て、後手も十分指せる。

しかし、後手三間飛車ではこの筋が無いので、
△6五銀と出る筋が迫力不足になる懸念がある。

この事から、
先手が四間飛車と三間飛車の違いを追求するなら、
早く穴熊に囲うべきだ、という説が生まれてくる。

それを踏まえて、次の棋譜を見て頂きたい。

初手から
▲2六歩 △3四歩 ▲7六歩 △4四歩 ▲4八銀 △4二銀
▲2五歩 △3三角 ▲5六歩 △9四歩 ▲6八玉 △9五歩
▲7八玉 △4三銀 ▲7七角 △3二飛 ▲8八玉 △7四歩(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

これは、B級1組 深浦-久保戦の進行である。

先手が急いで穴熊を目指しているのに対し、
△7四歩が工夫の一着だ。

これは本家藤井システムでも現れた工夫で、
銀では無く、桂で先手陣を攻略する含みがある。

また、△7二銀と上がらない事で、
△7二飛や△9二飛を残しているのも見逃せない。

あくまでも穴熊を目指して▲9八香と指すと、
△7三桂 ▲9九玉 △8五桂で危険すぎる。

そこで深浦先生は
▲5七銀 △6四歩 ▲6六銀 △7三桂 ▲8六角
と変化球に出たが、以下
△6五歩 ▲5五銀 △6二金 ▲9八玉 △4二角 ▲6四銀
△7二銀 ▲7五歩 △同 歩 ▲同 銀 △5四歩 ▲7八飛
△7七歩 ▲同 飛 △9六歩 ▲同 歩 △同 香 ▲8八玉
△9九香成 ▲同 玉 △8五香(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

と進んだ形は、先手とって好ましいとは言えなかった。

このように、後手が三間飛車であろうとも、
先手が藤井システム的な展開を避けるのはなかなか難しい。

そこで、先手の居飛車党は、
急戦で久保システムを攻略する事を考えるようになる。

初手から
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲4八銀 △9四歩
▲5八金右 △9五歩 ▲6八玉 △4二銀 ▲7八玉 △4三銀
▲5六歩 △3二飛 ▲2五歩 △3三角 ▲3六歩 △6二玉
▲4六歩(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

これは竜王戦 羽生-久保戦の進行である。

▲4六歩が急戦の第一歩。

「早い△4三銀型には▲4六歩急戦」というのが、
三間飛車に対する急戦の心得である。

ここで△7二玉と寄るのが第一感だが、
▲4五歩と突かれた時にどう対処するか(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

上図では1.△同 歩2.△4二飛があるが、

1.
△同 歩 ▲2四歩 △8八角成 ▲同 銀 △4六角 ▲2五飛
△3三桂 ▲2三歩成 △2五桂 ▲4四歩 △5二銀 ▲3二と
△同 金 ▲6五角

2.
△4二飛 ▲3七桂 △3二金 ▲4四歩 △同 銀 ▲4五歩
△同 銀 ▲2四歩 △同 歩 ▲4五桂 △同 飛 ▲3三角成
△同 桂 ▲2四飛

どちらの変化も難しい所はあるが、
後手玉が美濃囲いに入れていないのは痛そうだ。

そこで久保先生は変化する。▲4六歩以下
△4二金 ▲3七桂 △7二玉 ▲4五歩 △2二飛(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

やや苦しげな受け方だが、
持久戦になれば端の位が大きいと見ている。

しかし、次の羽生先生の手が上手かった。

上図から▲1六歩(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

何の変哲も無い端歩だが、
実は厳しい狙いを秘めている。

上図以下
△8二玉 ▲4四歩 △同 角 ▲同 角 △同 銀 ▲1五歩
△7二銀 ▲1四歩 △同 歩 ▲1二歩 △同 香 ▲1一角
(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

端を絡めた攻めが後手陣の隙を突いた。
上図は先手が良い。

この攻めがあまりにも見事だったので、
久保システムは姿を見せなくなってしまった。

ちなみに、△8二玉のところで△5四歩は考えられる(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~
この手は▲4四歩には△同 銀と取る意味。
5三に銀を引くスペースを用意している。

対する先手の最善手を私は分かっていないが、

1.
▲4四歩 △同 銀 ▲5七銀 △8二玉 ▲4八飛 △4三金
▲4六銀

2.
▲4七銀 △8二玉 ▲3五歩

といった攻めが考えられる。

羽生先生の予定はどんな手だったかは分からないし、難しい面もあるかもしれないが、
こういった展開なら端の2手が△8二玉~△7二銀になっていた方が良いので、
先手としても後手の作戦を咎めている意味はある。

では、実際に端の2手を他の駒組に回すとどうなるか?

初手から
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲4八銀 △3二飛
▲2五歩 △3三角 ▲6八玉 △4二銀 ▲7八玉 △4三銀
▲5六歩 △7二銀(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

上はプロの実戦では現れた事の無い仮定図だ。
これを仮に「新久保システム」と呼ぶ事にする。
(久保先生スイマセン)

羽生-久保戦と違って美濃囲いに組むのが早いので、
上記の攻めにも対応しやすいと思われる。

なお、上図から▲5八金右には△6二玉とする。
その場合、居飛車穴熊対策は石田流に切り替える。
(対石田流に▲5八金右は不急の一手:参考記事

この形の主な課題は、
1.急戦に対応出来るか?
2.居飛車穴熊を潰せるか?
の2点である。順に考えていきたい。

1.急戦に対応出来るか?

△7二銀以下
▲5八金右 △6二玉 ▲3六歩 △7一玉(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

元来、△4三銀型の三間飛車は急戦に弱いとされてきた。
何故なら、▲4五歩早仕掛けをされた時に△4二飛と戻る必要があり、
後手なのに一手損しなくてはいけないのが辛いと言われているから。

純正久保システムは
「急戦に弱い代わりに端の位を取らせて」と言っていたわけだが、
上図ではその楽しみも無い。

まず、上図から
▲4六歩 △8二玉 ▲4五歩と仕掛ける形を見ていく(下図)。
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~
▲3七桂を跳ねない▲4五歩には△同 歩の変化が生じるのだが、以下
▲2四歩 △8八角成 ▲同 銀 △4六角 ▲2三歩成
△2八角成 ▲3二と(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~
と、進んだ局面がどうか。

△同 金には▲4四歩、△同 銀には▲2二歩or▲3七桂。
これもこれで難しい勝負だと思う。

また△4六角には▲3七桂△2四角▲4五桂もあり、
むしろこちらが本筋かもしれない。

この変化を避けるなら、▲4五歩には△4二飛だ。以下
▲3七桂 △3二金 ▲4四歩 △同 銀 ▲4六歩(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~
△3二金の応接には上図のように▲4六歩と収める。
▲4五歩と打っても△同 銀から捌かれて、
2筋を突破する事が出来ないので失敗する。

上図からは△5四歩▲6八銀と進むのが一般的か。
後手が陣形をまとめきれるかどうかの勝負になるだろう。

これらの変化を居飛車が良しとしなければ、
仕掛ける前に▲6八銀と一手溜める事になる(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

この手は後手にもう一手指させるという意味。

例えば△5二金左なら、
▲4五歩 △同 歩 ▲3三角成 △同 桂 ▲2四歩 △4六角
▲2三歩成 △2八角成 ▲3二と △同 銀 ▲2二飛(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

という変化も生じる。

上図は上手く行きすぎだが、
▲4五歩に△4二飛も▲3七桂としておき、先手は当初の目的を果たす。

しかし、▲6八銀と溜める手には△4二飛が生じる(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

少し違和感もあるが、
▲3七桂・▲3七銀・▲5七銀左には△5四銀から玉頭銀を狙う積極策だ。

ただ、後手がこの進展を狙うなら、9筋の突き合いを入れておきたい。

端歩の交換が無いと、上図以下
▲3七桂 △5四銀 ▲4五歩 △6五銀 ▲2四歩 △同 歩
▲4四歩 △7六銀 ▲4五桂 △4四角 ▲同 角 △同 飛
▲5三桂不成△8四飛 ▲9八角(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

・・・といった、通常ありえない変化が生じる可能性がある。
端歩の交換があれば△9五歩の筋があるのだが・・・

これは極端としても、
玉頭銀をするのであれば端歩の交換は絶対振り飛車が得なのだ。

ただし、実際端歩の交換が入るかは怪しい面がある。

最悪の場合、端歩の交換無しで玉頭銀を指す事になるが、
その際の効果がどのくらいなのかは未知数だ。


なお、▲4六歩型は玉頭銀を誘発するので、
後回しにするという考え方もある(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

しかし、この場合はそれでも△5四銀という変化が生じる(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

▲4六歩型が玉頭銀を誘発する理由として、
薄くなった角頭に目掛けてナナメ棒銀をする事が出来なくなる、という事があるが、
上図から▲4六銀と出ても、△4二金▲3五歩△4三銀の屈伸戦法で受かる。

ナナメ棒銀がしたいなら、上図で▲6八金上として、
△6五銀を見てから▲3五歩△同 歩▲4六銀と行く事になるだろう。

しかし▲6八金上に対して△6五銀と指すとは決まっていない。
△9四歩と一手待つ手も相当に価値が高く、
△6五銀のタイミングを巡る難解な序盤戦が続く可能性もあるだろう。

2.居飛車穴熊を潰せるか?

久保システムは居飛車穴熊を潰すために考えられたのだから、
当然穴熊対策も考えておく必要がある。

ここで、純正久保システムと、新久保システムの序盤戦を見比べてみよう。

将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

左が純正久保システム、右が新久保システムだ。

純正久保システムが穴熊退治に必要な手だけを指しているのに対し、
新久保システムは△7二銀が無駄手になっている事が分かる。

すなわち、右図から▲7七角と上がられた時に、
果たして手が間に合うのか、という事も考慮にいれる必要がある(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

これは先後共にバリエーションが多すぎる。

一区切りさせて頂こう。

お役に立てたらポチっと!


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。