ゴキゲン中飛車 超速▲3七銀 ▲6六歩型 | 将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~
新型コロナウイルスに関する情報について

将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

オールラウンドプレイヤーを目指す序盤研究ブログです。最近は棋書 感想・レビューのコーナーで、棋書の評価付けもしています。

今回は久しぶりに超速▲3七銀について考えていきます。

最近不勉強になっているので、
プロ棋戦で指された形なのかわからないんですが(汗)
実戦で指されて有力な考え方だと思ったので検討していきます。
(日頃の不勉強の解消も、このブログの意義である:笑)

初手から
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △5四歩 ▲2五歩 △5二飛
▲4八銀 △5五歩 ▲6八玉 △3三角 ▲3六歩 △6二玉
▲3七銀 △7二玉 ▲4六銀 △8二玉 ▲7八玉 △7二銀
▲6八銀 △3二金 ▲6六歩(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~
最終手▲6六歩が先手の工夫。

通常は▲7七銀と上がるところで、
以下△5六歩から激しい将棋になる可能性があります。

上図で、後手を持った私は△4二銀と指したのですが、
▲6七銀と上がられて、善悪が難しい(下図)。
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~
類型も指されているこの形ですが、
それらは▲6七銀の代わりに▲5八金右となっています。
(一番有名な例は第69期名人戦第3局 森内-羽生戦でしょうか)

▲6七銀の代わりに▲5八金右と指された名人戦では、
以下△4四歩と指されたのですが、
上図で△4四歩と指すと▲3五歩で、大分条件が悪いです。
(5筋で戦いを起こせないので)

よって、上図では△5三銀と上がるところだと思いますが、
以下▲3五歩△同 歩▲同 銀△5四銀、
あるいは▲4五銀でどうか。
これは研究課題です。

ただ、
▲5八金右と指さないのであれば
△5六歩と行ってみたくなるのも人情です。

以下▲同 歩 △同 飛で下図。
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~
この図は▲7七銀型ではお馴染みの進行ですが、
▲6六歩型に換わっているのがどう影響を及ぼすか。

以下
▲5五歩 △同 飛 ▲同 銀 △同 角(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~
一直線に進んだ例ですが、
▲6八銀型には長短所、両方ありそうです。

長所・・・5筋が堅い。
短所・・・形良く角を使う手が難しい。
     (▲6五歩はキズになる可能性がある)

上図で▲1八飛は△2八銀で先手も大変。

よって▲1八飛打が一例である(下図)。
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~
ここで▲7七銀型ならば△5六歩と垂らすのが筋となるが、
この場合は▲2七飛と逃げる余裕がある(▲6八銀型の長所)。

そこで上図から、
△2八角成 ▲同 飛を入れてから△3三桂と跳ねておく(下図)。
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~
▲6八銀型が活きた変化のようでいて、
先手も歩切れなので、これはこれで難しい。

上図から▲2四歩がやってみたい手だが、
△同 歩 ▲同 飛 △2二銀でどうか(下図)。
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~
歩を手に入れたのは大きなポイントだが、
△2五歩~△2三銀の狙いを与えたとも言える。

上図で▲5四歩と垂らすのは△5六飛が気になるので、
▲2八飛と捕獲を避けるのが一般的かと思うが、
そこで△5六歩と垂らされて、先手も動きが難しい(下図)。
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~
以下▲5八歩には△4五銀と
もたれておいてどうか?

駒得なので先手持ちのような気もするが、
歩の数が少ない事と、玉形に差がある事もあり、
ハッキリ良くするには一山ありそうだ。
少なくとも、攻めているのは後手の方である。



このブログでは、
合ってるかどうかは別として(笑)
割とハッキリ形勢について書いているのですが、
この戦形は形勢判断の材料が難しいので、
何とも言えない研究結果となりました。
(玉形にどのくらい差があるのか、計算がしづらいんです)

持久戦にするか急戦にするか。
後手から見ると、とても悩ましいです。

(ちなみに、本記事は将棋倶楽部24の30秒将棋で指され、
対応しきれずに負けた将棋の検討でした、ううう:泣)