角換わり 同形角換わり腰掛け銀 富岡新手 | 将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

オールラウンドプレイヤーを目指す序盤研究ブログです。最近は棋書 感想・レビューのコーナーで、棋書の評価付けもしています。


テーマ:

今回は同形角換わり腰掛け銀の富岡新手についてです。


本記事はプロの実戦譜と、私が元々得ていた知識によって考察しますが、

より詳しい変化が知りたければ、豊島将之の定跡研究 という本に載っているそうです。


私は持っていないのですが、

話題の本ですので、ご興味があれば購入してみるのも良いと思います。

初手から
▲7六歩 △8四歩 ▲2六歩 △3二金 ▲7八金 △8五歩
▲7七角 △3四歩 ▲8八銀 △7七角成 ▲同 銀 △4二銀
▲3八銀 △7二銀 ▲9六歩 △9四歩 ▲1六歩 △1四歩
▲4六歩 △6四歩 ▲4七銀 △6三銀 ▲6八玉 △5二金
▲7九玉 △5四銀 ▲5六銀 △4四歩 ▲6六歩 △4一玉
▲5八金 △3一玉 ▲3六歩 △7四歩 ▲3七桂 △7三桂
▲2五歩 △3三銀
(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~
上図は同形角換わり腰掛け銀の基本図です。
ここからの仕掛けは定番化しています。


上図以下
▲4五歩 △同 歩 ▲2四歩 △同 歩 ▲1五歩 △同 歩

▲7五歩 △同 歩 ▲3五歩 △4四銀 ▲2四飛 △2三歩

▲2九飛 △6三金 ▲1二歩 △同 香 ▲3四歩(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~
「開戦は歩の突き捨てから」と言いますが、
この場合「4・2・1・7・3」の順番で突き捨てるのが良いとされています。
これを俗に「よにいなさん」と呼び、後手の変化を最小限に抑える意味があります。

(詳細はテーマから外れるので省略します)

△6三金と桂頭を受ける手に対し、
▲1二歩▲3四歩と攻めるのが最近の流行。
▲3四歩では▲1一角(丸山流)も多く指されていましたが、
△3五銀 ▲4五銀 △2二角 ▲3三歩 △同 金 ▲2二角成

△同 玉 ▲5四銀 △同 歩 ▲4五桂 △2四金

と応接する手がしぶとく、先手が攻めあぐねるようです。

上図以下
△3八角 ▲3九飛 △2七角成 ▲1一角 △2八馬 ▲4四角成

△3九馬 ▲2二歩(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~
△2八馬には▲4九飛もあります。以下

△3八馬 ▲6九飛 △4三金 ▲2二歩 △3四金 ▲2一歩成

△同 玉 ▲4四角成 △同 金 ▲4五銀 △同 銀 ▲3三銀

△3七馬 ▲4四銀不成

が進行の一例。

これも相当に有力で、機会があれば調べてみたい。

今回のテーマである富岡新手とは、
▲4四角成▲2二歩(上図)という手法を指します。

上図からは、
1.△4二玉
2.△同 金
があります。順に見ていきましょう。

1.△4二玉

△4二玉 ▲2一歩成 △7六歩 ▲同 銀 △7七歩 ▲同 桂

△4九馬 ▲3三歩成 △同 金 ▲3四桂 △5二玉 ▲3三馬

△6一玉 ▲5九金打 △5八馬 ▲同 金 △2九飛 ▲5九銀(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

この進行は、王位戦 佐藤-渡辺戦です。


△7六歩△7七歩は重要な利かしで、

単に△4九馬だと▲4五桂△5八馬▲7四桂で先手勝勢です。

本譜▲3三歩成のところで、上記の変化と同様に▲4五桂だと、

△5八馬 ▲7四桂 △6九飛 ▲8八玉 △8九金 ▲9七玉

△7六馬で、今度は後手勝勢になります。
△7六歩が銀の質を、△7七歩が△8九金のスペースを作っているのがミソです。


そこで本譜は▲3三歩成▲3四桂とスピードアップ。

後手は▲7一銀を消しながら△6一玉と粘りますが、

▲5九金打と受けに回って先手良さそうです。


佐藤-渡辺戦は、上図▲5九銀の局面から

△7五歩 ▲6七銀左 △4八金 ▲6八玉 △5八金 ▲同銀上

△9九飛成 ▲7四歩 △7六香 ▲7三歩成 △同 金 ▲4五桂

△7七香成 ▲同 玉 △8六桂 ▲同 歩 △同 歩 ▲5三桂不成

△7一玉 ▲8三歩 △同 飛 ▲8八歩

と進み、きわどい終盤戦ながら先手がリードを守り切っています。

この一局により、

▲2二歩には△同 金と取った方が良い、というのが共通意見になったかと思います。

2.△同 金

△同 金 ▲3三銀(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~
△同 金と応じれば上図になります。

以降は
2-1.△3八飛

2-2.△4一玉

2-3.△同 桂
があります。順に見ていきましょう。

2-1.△3八飛


△3八飛 ▲2二銀不成 △同 飛 ▲3三歩成 △同 桂 ▲同 馬

△3二歩 ▲4三桂 △同 銀 ▲4二金 △2一玉 ▲4三馬

△5八飛成 ▲3三銀 △5七馬 ▲8八玉(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~
2-1.△3八飛は順位戦 富岡-真田戦&順位戦 阿部-畠山戦の進行です。

△3二歩の局面で、実戦は▲2二馬と取ったのですが、
△同 玉 ▲2五桂 △4三角と進んで真田先生が勝っています。

そこで▲4三桂が阿部先生の改善策。

上図まで進んで、先手玉は非常に危ないのですが、

△7八竜 ▲同 玉 △6九銀 ▲8八玉 △7九馬 ▲9八玉

△8六桂 ▲同 歩 △8七金

と進んだ時に、▲同 馬と取れるので詰みがありません。

他にも、

△7八竜 ▲同 玉 △5六馬 ▲8八玉 △7九銀 ▲9七玉(9八は詰み)など、

きわどい変化がたくさんあるのですが、
どの変化でも▲4三馬の利きによって奇跡的に詰みを逃れているようです。

2-2.△4一玉


△4一玉 ▲2二銀不成 △4九馬 ▲6七銀 △3九飛 ▲8八玉

△9五歩 ▲3三歩成 △5二玉 ▲9五歩 △9八歩 ▲同 香

△9七歩 ▲同 香 △9六歩 ▲同 香 △9七歩 ▲6八金右

△3七飛成 ▲7四歩(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~

2-2.△4一玉は、順位戦 村山-真田戦の進行です。

▲6七銀が堅い受けで、村山先生ペースと思われたのですが、
上図▲7四歩のところで▲9四歩と指し、以下
△8四桂 ▲9五香 △7六歩で難しい将棋になりました。

上図では△同 金に▲4三歩が厳しく、先手が指せそうです。


2-3.△同 桂

△同 桂 ▲同歩成 △4一玉 ▲4五桂 △4九飛 ▲6九桂

△8六歩 ▲同 歩 △7六歩 ▲同 銀 △8八歩 ▲同 金

△4八馬 ▲6七銀右 △5八馬 ▲同 銀 △5九飛成 ▲7八金

△7七歩 ▲同桂左 △8六飛(下図)
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~
どの手が本筋、と言う事も無いのですが、

検討している今現在は2-3.△同 桂が最有力だと思っています。


この進行は棋聖戦 羽生-深浦戦の変化です。


△4一玉では△同 金もありますが、
▲同 馬△3二歩▲5一馬で先手良し。

▲4五桂は微妙なところで、▲2二ともあります。以下
△4九馬 ▲7四桂 △同 金 ▲5三馬 △5八馬 ▲7二歩

△同 飛 ▲6二金 △4二金 ▲4五桂 △5三金 ▲同桂成

△6二飛 ▲同成桂

と進めば先手勝ちですが、
後手に工夫の余地があるとされています。

△7六歩が実戦と違うところで、対局では
△8八歩 ▲同 金 △4八馬 ▲同 金 △同飛成 ▲7八金

△5九銀 ▲7七角

と進み、先手が良くなっています。

上図まで進行し、
感想戦では「先手が容易ではない」という事だったようですが、

今回検討してみたところ、▲8八歩で先手勝ちなんじゃないか、と思いました(下図)。
将棋・序盤のStrategy ~ 矢倉 角換わり 横歩取り 相掛かり 中飛車 四間飛車 三間飛車 向かい飛車 相振り飛車 ~
以下、△7六飛でも△5八竜でも、
先手玉に詰めろは掛かっていないので、▲5三馬で勝てると思います。

△7六飛▲5三馬に△同 金▲同桂成△6八銀と進めても、
▲同 金△同 竜▲同 玉△7七飛成▲同 桂△7六桂▲6七玉で
7七の桂が利いていて、先手玉には詰みがありません。

また、△5二玉には▲2六角が必殺手になるので、

5三を受ける適当な手立てもありません。

▲8八歩が大事なところで、
平凡に▲8七歩だと△7六飛とされて、

△6八銀▲同 金△8八金以下の詰めろになってしまいます。

8八の地点を埋めるのが急所ではないかと思います。

まぁ、所詮私の検討なので全く自信は無いですけど、

一応研究の結果なので書いておきます。
「お前の研究じゃ信用ならん!」という方は、
くどいですが、豊島将之の定跡研究 を買って下さい(笑)





角換わり 同形角換わり腰掛け銀 富岡新手
いかがだったでしょうか。

最後は不要とも思える私の研究結果を載せましたけど(笑)
プロの棋譜を検討した所、全体的に先手が攻める展開ですので、

私は先手を持ってみたいです。

またこれを機に、私も今度豊島将之の定跡研究 を読んでみて、

自分の意見との相違を楽しみたいです。

もし、このブログの読者で「もう読んだよ!」という方がいれば、

コメントの方でお教え下さいな(笑)


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス