将棋ウォーズ再開!

テーマ:

今朝は通園途中に突然の土砂降りに見舞われながらも私は必死で自転車をこぎ、チビは「うぉー!!」と叫びながらひたすら詰将棋を解きまして(笑)、結果「詰将棋大全」5手詰を36問(No.61-1~78-2)解きました。

 

 

そういえば昨日から将棋ウォーズの取り組みについてチビと話していまして、結果的に当面の目標として7月中にウォーズ初段(現在、”10分切れ負け”で1級)目指すことにしました。

 

チビの現在の棋力であればコツコツとやれば十分狙える目標だと思いますし、何より日々の実戦量が増えるので良いかな、と思います。

 

取らぬ狸、、、ではありますが、ウォーズで初段に入品したらいよいよネット将棋の最高峰と思われる将棋倶楽部24も挑戦しても良いかな、と思っています。

 

ということで6月11日以来となるウォーズを本日は2局(10分切れ負け)指しまして1勝1敗となりました。

 

1局目は久しぶりだからか(?)タブレットのミスタッチによる駒損が響き負けとなりましたが、2局目は中盤で押し込まれるものの得意の終盤で逆転勝利でした。

 

これで達成率は16.3%となりました。

 

2局ともに激指で評価値分析をして悪手や緩手の検討(反省会?)をしたので、これは大いに道場での実戦でも役立ってくると思います。

 

 

その後、激指で1局指しましたがこちらはR1200(4級)相手に負け。

レーティングも前日より19P下がりR1271となりました。

中盤に相手のいわゆる「ふんどしの桂」を見落とすウッカリが出たこと、その後、終盤入り口で一時、盛り返すものの持ち時間の不足によって丁寧に詰み筋を見つけられなかったことが敗因だったようです。

 

そして、「羽生の法則」のNo.51~60に取り組み、最後は1局棋譜並べをして本日は終了となりました。

 

 

さて、チビの課題は中盤です。

 

終盤については、以前から自信を持っているのと実際に日々の詰将棋と「寄せの手筋200」の反復を続けているので今後、終盤力が上がることはあれど下がることは当面考えづらくあまり心配していません。

 

中盤まで互角の戦いが出来れば連盟初段くらいまでは十分に戦えると思うので、やはり苦手とする中盤力の向上が課題となります。

 

1.実戦

2.手筋

3.棋譜並べ

 

このあたりが重要と考え、最近は激指や今日から復活した将棋ウォーズなど実戦量を増やす方向で進めています。

 

ただ、(対局を)やりっぱなしでは勿体ないので丁寧に振り返り(いわゆる感想戦)をしようとすると今のチビのライフスタイルだと一日3局程度が限界かなとも思っています。

 

チビは毎晩21時には寝るので時間的制約があるのは仕方がありませんね。。。(笑)

 

 

そういえば今日夕方、妻から頼まれた買い物がてらチビと二人で散歩をしました。

 

息子とこうやって夕日を眺めながら手を繋いで散歩できるなんて、これほど幸せな時間はありません^^

 

道すがらベンチに腰掛け「チビはどんな大人になるんだろうねー?」と聞くとしばし考え

「えーっと、『ありがとう』と『すごい』と『大好き』って言ってもらえる仕事がしたい。あと沢山お金もほしい

と(笑)。

 

沢山お金が欲しい、というのは面白いと思い更に突っ込んで

 

「どのくらいほしいの?」

 

と聞くと

 

「ボクはムゲンエンが欲しいんだ」

 

「ムゲンエンって何?」

 

「どれだけ使ってもまだお金があるって意味だよ。ボクが考えた。ムゲン(無限)のエン(円)ね」

 

「円が無限にあるってこと?」

 

「そうだよ!」

 

「そうかー、円が無限にあるってことは、チビはお金がないってことになるね」

 

「え!?なんで!?」

 

(続く?)

 

 

【チビ将棋データベース(2018年7月9日時点)

・年齢:6歳3カ月(幼稚園年長) 

・将棋歴2年0か月

・棋力:2級(将棋会館道場)、初段(御徒町将棋センター) 

・5手詰:36問(同No.61-1~78-2)

・棋譜並べ:1局

・激指との対局:1局

・将棋ウォーズ:2局

・対戦(6歳時):なし 累計165局82勝83敗(勝率0.496)

 ※5歳児時点:667局364勝303敗(勝率0.545)