もう、これっきゃない♪


梅ワイン先生の大研究。  


いやぁ、感動しました。熱い何かが頬を伝わりますよ、ほんと。いかんいかん、最近涙ばっかり流してる。


テーマ2は、これにて終了。

AD

前回から久々になりますが、更新です。

2no4

前回の研究手順から分岐点になるであろうこの局面までさかのぼって、見解を最近発売された各本からみていきたいと思います。


藤井本の見解

▲6二銀が最善で、後手も△3三角と打って難解な寄せ合い。以下研究課題。


青野本の見解

▲6二銀△3三角▲5五歩(△同角には▲6六銀で後手が忙しいんじゃないかと書かれてるけど、王手飛車の変化があるからどうなの?というのが前回の記事 )△6二金▲7一銀△9二玉▲6二銀成(または▲5六銀)で先手がなんとか耐えてる。


渡辺本の見解

▲6二銀△同金▲7一銀△9二玉▲6二銀成△3三角で先手勝勢。


それをふまえて2ちゃんの方々の研究

定跡質問スレッド なんてのがありまして、その700番から800番台にかけて、この局面が色々とつつかれてました。渡辺本の△3三角以下▲6六金ではなく▲5五金でどうか?で先手が良さそうということになって、では▲6二銀に単に△3三角の時は?という流れで以下▲7一銀打 △9二玉 ▲6一銀不成(▲6一飛成は△同 銀▲8二金△9三玉▲8一金△9七桂▲7九玉△7七飛▲6八玉△7六飛成 で後手勝ち)△4九飛成 ▲7八玉 △8五桂 (△6一銀、△6五桂は研究課題) ▲6八玉 △4八角 ▲7八金打 △6一銀 で難解、とのことでした。最後の局面とか僕から見たら振り飛車よさそうな気がしますけどね。


次回は全てを踏まえて僕の見解を公開する、かも。この研究に納得してもう終わりかもしれないけど。



AD

前回 、さぁ寄せに入るぞってところで終了してました。僕、終盤が一番苦手ですからね。研究より詰将棋解いてたほうがいいかもしれません。


ところで、この局面に入るところの王手飛車、青野先生のうっかりだっていう噂を聞くのですが、どうなんでしょうか?気になります。難しいと思ってた僕の感覚はやっぱちょっとずれてますね。


sagi7

で、再掲第2図です。やっぱり色々考えてみたんですよ。その結果、▲5六歩しかないだろうと・・・それ以外に▲7八金とか使ってたら角が直射して怖すぎますもんね。


さて、どう攻めたらいいか。最初、△7七桂とか考えてたんだけど、▲9八玉で案外難しい。で、とある人から聞いた手が△7七銀。普通すぎる・・・うん、これっきゃない。


第2図以下▲5六歩△7七銀▲7八金打△8五桂▲6七金△4九飛成▲5八銀△5六角って感じでしょうか。手は長くなりますが、振り飛車の勝ちでしょうね。他にも△7七銀に▲7九金打とかあるけど、まぁ受けさせたらこっちに寄りがなくなるので、大丈夫でしょ。


結論 王手飛車はうっかりだった、はず。


次回に続く。

AD

sagi6

前回の続きです。△同角▲同歩△2三角はどうなるか?って話でした。色々考えてみたわけですが、以下▲4五桂△4一角▲6一銀成△同銀▲5三桂不成△2三角(第2図)と進むと思います。sagi7

なんか▲4五桂がぴったりすぎて考えたくなくなってきたんですけれども、とりあえず、第2図まで辿り着きました。後手玉は二手すきですか。銀取られる前に詰めろかけたらいいってことですよね?ごちゃごちゃしてきたので、続きはまた今度。

著者: 青野 照市
タイトル: 鷺宮定跡―歴史と最先端

まずは、目についた局面から。217Pのこの局面です。

sagi6

「▲5五歩△同角▲6六銀(第1図)で後手忙しいので・・・」と解説されています。

 

でも、単純に△同角▲同歩△2三角って王手飛車かけちゃまずいんでしょうか?先手にも色々な受け方があって難しいのでしょうけど、飛車が抜けたら後手もかなり安全になると思います。

 

テーマ1 鷺宮定跡 その3

テーマ:

さて、明日渡辺竜王の本が発売されるようなので重い腰をあげて書こうかと思います。しかし、研究って大変ですね。強くなるためには仕方がないけれど。

 

そういや、いつでしたか・・・仮面ライダー響鬼についてチャットしながら梅ワイン君に教わったんですよ。てことは、日曜日か。もう4日も経ってしまってますが、とりあえず書いていきます。

 

飛車を2七ではなく2八に打ったらどうなるんだ?ってことでしたね。この局面です。

sagi5

 

例えば①・・・▲3七桂△同桂成▲同銀△2九飛成▲3五桂△3二銀▲1二龍△3一歩▲3三香・・・以下ガリガリやっていって居飛車よさそうです。これが、仮面ライダー響鬼研究です。

 

例えば②・・・▲3七桂△同桂成▲同銀△2四飛成▲同竜△同角▲3一飛△3二歩▲4八銀右△2九飛▲3九香といった感じでしょうか?飛車って2一から打ったほうがいいんですかね。

 

例えば③・・・よく分かんないけど、2一から打ったほうが良さそうだ。▲3七桂△同桂成▲同銀△2四飛成▲同竜△同角▲2一飛△3四銀▲3五歩△3九飛▲3四歩△3七飛成▲2三飛成・・・ぐらいですか。

 

いかんせん実戦経験が少ないというか、一局も指したことがないですからね。とりあえず、この局面を指してみたいな。テーマ1は一旦ここまで。

テーマ1 鷺宮定跡 その2

テーマ:

前回の続きです。ほんとは、昨日更新しようと思ったんですけど、不甲斐ないことに酔いつぶれてました。まぁ、春ですからね、たまにはそんな日もあります。よし、ばりばり書きますよ。

 

sagi3

 

第2図以下△3二歩▲4五歩△2九飛成▲3三歩成△同歩▲4四歩△3二銀▲1二龍△4一銀▲2一龍△5一金寄▲3二歩△2七桂▲3六香△3九桂成▲3一歩成で本によると先手優勢らしいです。

 

せっかく桂打ったのに、逃げられてるようじゃあね。てか、あんまり打ちたくないですよね。そもそも、二歩持ってるんだから、第2図で△3八歩と叩いて浮かせてから本譜と同じように進んだら(進まないと思うけど・・・)どうなるんだ?というのが、今回の疑問です。

 

本で全く触れられてないので、無い手なんだと思います。今、盤を使って色々動かしてみましたが、もう泣きたくなるぐらい振り飛車ボロボロ。銀もと金作らせて取らせるよりは、どっかで割り切った方がいいと思うんですけどね。例えば、▲4四歩を△同銀と取っちゃうとか。あー、でものちのち3九歩が打てて、めちゃ硬くなるやん。うん、この局面は、多分もう振り飛車悪いと思います。

 

あ、じゃあ、飛車を2七じゃなくて2八に打てたりしないのかな?というわけで、新たな疑問が浮かんだので、続きはちょっと遡った局面を書いていきます。

 

 

 

最近、青野先生のこの本を読んでみたわけです。で、鷺宮定跡の歴史をたどりながら解説されてるわけですが、どれもこれも難しいとされながらも、結論が居飛車有利になってるんですよね。

 

で、せっかく藤井先生の急所を読んで、いけるかなぁと思った局面ももうけちょんけちょんにされちゃってるんですよね。しかし、読んでるうちにほんとに居飛車だいじょうぶですか?という思いが湧いてきたのでちょっと書いてみます。

 

sagi1

はい、この局面です。急所の影響でもっぱらこの局面ばかり最近では指してます。まぁ、間の進行は本を読んでもらってですね、130Pに至る一手前の局面が次の図です。

sagi3

ここで、本では以下△3二歩▲4五歩△2九飛成▲・・・ちょっと、眠たくなったので続きは明日書きますね。

最近ね、もう一枚強くなるには、やっぱり自分の研究が必要だな、と思うようになったわけですよ。今まで、強い人たちにおんぶにだっこしてきただけですから。自分でこうだなぁと考えて指す将棋なんてのは、相振り飛車ぐらいですね。

 

そこで、自分が疑問に思った局面をUPしてそれなりに考えてみようかな、と。で、あわよくば願わくば皆さんのご意見を頂戴したい、と。というわけで、不定期で更新していきます。