寒い寒い

テーマ:

ちょっとあっちの世界に行ってて将棋は最近24しかやってませんでした。あ、あと将棋世界買って読んでたぐらいですかね。12月20日頃に羽生先生の新刊が浅川書房 から出るらしいので、期待して待ってます。


将棋世界の感想また書きます。

AD

3戦3勝

テーマ:

具合を確かめるために24を指してみたら、3連勝。


不調だと意識して指していたから、逆に慎重になっていい結果がでたのかも。何事も気の持ち様で変わってくるものです。さてさて、夜も遅くなってきたのでそろそろ寝ますか。

佐藤 康光
最強居飛車穴熊マニュアル

居飛穴をちょっと覚えてみたくなったので(他の戦法も覚えなきゃいけないけど・・・)、今夜の枕のお供にしますかね。細かいとこまで書かれててなかなか優秀な本だと思います。

AD

先手:ぼく
後手:先生

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △6二銀 ▲7八飛 △8四歩
▲7五歩 △8五歩 ▲7六飛 △4二玉 ▲4八玉 △3二玉
▲3八玉 △1四歩 ▲1六歩 △4二銀 ▲2八玉 △6四歩
▲3八銀 △6三銀 ▲5八金左 △5四歩 ▲5六歩 △5二金右
▲9六歩 △5三銀 ▲7七桂 △4四歩 ▲9七角 △4五歩
▲6八銀 △9四歩 ▲6七銀 △4四角 ▲6五歩 △同 歩
▲同 桂 △6四銀左 ▲6六歩 △6五銀 ▲同 歩 △9九角成
▲6四歩 △7二銀 ▲7四歩 △同 歩 ▲同 飛 △7三香
▲6三銀 △7四香 ▲7二銀成 △同 飛 ▲6一銀 △8二飛
▲5二銀成 △同 金 ▲6三歩成 △同 金 ▲5三金 △9八馬
まで60手で後手の勝ち

好不調の波ってのは、誰にでもあると思いますけど、ぼくの場合そのスパンは一ヶ月ぐらいの周期で回っていると思います。そして、今がどん底。辛抱できずに攻めてしまったら駄目、というのはわかっていてもついついいってしまうのが不調の時の特徴だと自分ではみています。見るべきところがない棋譜ですね。

残り989本。

期待の新刊

テーマ:

将棋定跡最先端 居飛車編 」というのがマイコミから発売されるようです。


著者は定跡博士の所司先生。東大将棋シリーズや振り飛車ワールドにはお世話になりましたから、この本も期待しています。目次を見てみると、矢倉、横歩取り、角換わり、相掛かり、と僕にとってはほとんど指さない、というか指せない分野を扱うみたいですけれども、こういう網羅的な本は好きなので、きっと買うでしょう。


タイトルに、居飛車編とあることから続編もきっとあるはず。きっと振り飛車編だろうから要チェックしておこう。

先手:ぼく
後手:先生

▲2六歩 △8四歩 ▲7六歩 △8五歩 ▲7七角 △3四歩
▲8八銀 △3二金 ▲7八金 △7七角成 ▲同 銀 △4二銀
▲3八銀 △7二銀 ▲9六歩 △9四歩 ▲4六歩 △6四歩
▲4七銀 △6三銀 ▲6八玉 △4一玉 ▲5八金 △5二金
▲7九玉 △5四銀 ▲5六銀 △3三銀 ▲3六歩 △3一玉
▲1六歩 △4四歩 ▲6六歩 △1四歩 ▲3七桂 △4三金右
▲8八玉 △2二玉 ▲4八飛 △3五歩 ▲同 歩 △2四銀
▲2五桂 △3七角 ▲3四歩 △4八角成 ▲同 金 △3九飛
▲4五歩 △3四飛成 ▲4四歩 △同 龍 ▲4七金 △3七歩
▲同 金 △4九龍 ▲4四歩 △4二金引 ▲3三歩 △同 桂
▲3四歩 △2五桂 ▲同 歩 △3五銀 ▲3三角 △同金右
▲同歩成 △同 金 ▲7一角 △5二飛 ▲4三金 △同 金
▲同歩成 △同 龍 ▲4七桂 △4四銀 ▲5五金 △7二飛
▲5四金 △同 龍
まで80手で後手の勝ち


たまには、居飛車を指して気分転換。角換わりになりました。△4三金と上がられて頭が真っ白。先後同型をちょこっとかじっただけじゃそうなるのも無理はない。どの戦法を指すにも「羽生の頭脳」の知識は最低限必要ですね。無理攻めに無理攻めを重ねるという悪い癖がでました。指すだけ惨めになってきたので、投了。

残り990本。