10月16日の教室 | 蕨(わらび)将棋教室

蕨(わらび)将棋教室

日本将棋連盟プロ棋士植山悦行七段による、蕨(わらび)将棋教室の様子。
大人も子供も、初心者から有段者まで、レベルは問いませんので
お気軽にお立ち寄り下さい。


テーマ:

今日は6枚落ち位の初級者の方に向けてお話しをしたいと思います。普通の方は将棋を駒落ちから始める方は少ないと思いますが、将棋教室に通ったり、将棋に詳しい方に教えてもらったりすると駒落ちを教わる方が多いと思います。そういう方は定跡を習って、上手もその通り指してくれれば良いんだけど定跡を外されると勝てないなぁと悩む方も多いのではないでしょうか。通常、上手が定跡を外すという事は悪い手を指す場合が多いです。下手の方は、いつもと上手の形が同じかどうかに注意して下さい。違う場合は要注意です。その場合は定跡通り攻めて大丈夫か?攻め駒の枚数は足りているか?など良く考えてみて下さい。

ダメだなと思ったら、相手の駒の少ないところを狙うようにしてみましょう。
次回の教室は11月6日です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

プロ棋士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス