発達障害 障害年金 ジムは自粛して下さい | 発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます
新型コロナウイルスに関する情報について

発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給している娘の母親である社会保険労務士が、発達障害者が就労し親亡き後に自立して行かれるために必要な情報、親の心構え等お伝えしています。

発達障害、障害年金専門の社労士、(社)障がい者才能開発支援協会 代表の岩田由美です。


ご訪問ありがとうございます。


発達障害で障害年金を受けている娘の母である私が、自分の経験から障害年金の事、発達障害の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金の事なら発達障害者と支援者のためにお客様の声Facebookお問い合わせはこちらからマイベストプロ神奈川

 

一斉休校で通学路は静かですが、外出すると思ったより人が出ている気がします。

 

私は行こうと思っていた展覧会が中止になったりで、そろそろこの状況も飽き始めているのですが。

 

 

ジムに代わる体力作りが課題です

 

娘はダイエットのため週末にジムに通い、それなりに頑張って効果が出始めたところだったのに。

 

事業所でつい、今週末も行くと口にしたところ、今日のタイトル通り注意を受けたようです。

 

連絡帳にも私あてに、しっかり書かれていました。厚労省からの通知書も印刷してくれて。

 

老健に納める仕事をしている以上、利用者や支援員の健康状態に神経質になるのは無理もありません。

 

従うしかないのですが、その結果、3月に入ってから週末はずっとジムに行かれず。

 

家でYouTubeを見ながら体を動かしていますが、如何せん自分の体のコントロールが上手く行かないものだから。

 

傍らで見ていると、効果あるのか?とつい、いらない心配をしています。

 

せっかく体重が落ちてきたのに、このままではリバウンドが怖い、さて、どうしよう??

 

食生活にも気を使いながら、せめて家事の方で活躍してもらおうかと、母は考えております。

 

 

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 

友だち追加