発達障害 障害年金 ”自立支援医療受給者証更新手続き忘れないで!” | 発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます
新型コロナウイルスに関する情報について

発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給している娘の母親である社会保険労務士が、発達障害者が就労し親亡き後に自立して行かれるために必要な情報、親の心構え等お伝えしています。

発達障害、障害年金専門の社労士、(社)障がい者才能開発支援協会 代表の岩田由美です。


ご訪問ありがとうございます。


発達障害で障害年金を受けている娘の母である私が、自分の経験から障害年金の事、発達障害の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金の事なら発達障害者と支援者のためにお客様の声Facebookお問い合わせはこちらからマイベストプロ神奈川

 

毎年毎年、今年こそは余裕を持ってと思うのですが…

 

結局今年も、ギリギリになって手続きをしております(汗)

 

今は別バージョンかも

 

この手続き、提出した書類が事務センターの方に届いた日から制度の対象となります。

 

なので、娘が今使っている受給者証は3月31日までなのですが、提出が遅れて4月5日に事務センターに届いた場合。

 

万一4月1日から4日までの間に病院にかかったりすると、その間は対象外。

 

窓口での負担が3倍になってしまいます。考えただけでも恐ろしい… 薬が高いのです。

 

てんかんの薬を飲み始めた頃は、この制度の事を知らず、病院でも教えてもらえず、高い薬代を払っていました(涙)

 

受給者証が届いてからは、本当にありがたい。毎年きちんと更新して恩恵を受けています。

 

実は一度、期限が切れる前に書類は事務センターに届いたのですが、受給者証が間に合わず、窓口で3倍の負担をした事があります。

 

その後受給者証が届いて、払い戻し手続きはしたのですが、これがまた面倒で。

 

こちらが悪いから仕方ないのですが、できるだけ余裕を持って手続きしたいですね。

 

と、来年の私への戒めと同時に、うっかりしてた方はお急ぎ下さいませ!

 

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 

友だち追加