発達障害 障害年金 先生だったらどうされますか? | 発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給している娘の母親である社会保険労務士が、発達障害者が就労し親亡き後に自立して行かれるために必要な情報、親の心構え等お伝えしています。

発達障害、障害年金専門の社労士、(社)障がい者才能開発支援協会 代表の岩田由美です。

 

ご訪問ありがとうございます。

発達障害で障害年金を受けている娘の母である私が、自分の経験から障害年金の事、発達障害の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金の事なら発達障害者と支援者のためにお客様の声Facebookお問い合わせはこちらからマイベストプロ神奈川

 

令和2年が始まって、あっという間に9日。

 

月曜日から仕事が始まり、忙しい1週間になっている方も多いのでしょうね。

 

 

同じ発達障害者の母親として、あなただったら?という事です

 

障害年金請求のご相談に見える方。HP等を見て下さった方は、私の娘の事、私の思いに目を通して下さっています。

 

おそらくは何人かの社労士のHPを見た上で、私の所に来て下さる。その一番の理由は「発達障害者の母親だから」

 

お話を伺っている中で、今日のタイトルで質問をされる事、何度も何度もありました。

 

「先生だったら、どうされますか?」 自分の事として考えた時に、選択する事としない事、そこを知りたい、見極めたいのは当然。

 

だから真剣に考えて答えます。私だったらどうするか? 何を選択するか?

 

もちろん私の答えは、その方にとっては参考意見だと思うけど。でも、影響は大きいはず。

 

同じ発達障害者の母親として、あなただったらどうする? の答えだから。

 

責任の重い立場であると自覚しながら、対応させていただいております。

 

 

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 

友だち追加