発達障害 障害年金 見た目は全く普通ですから | 発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給している娘の母親である社会保険労務士が、発達障害者が就労し親亡き後に自立して行かれるために必要な情報、親の心構え等お伝えしています。

発達障害、障害年金専門の社労士、(社)障がい者才能開発支援協会 代表の岩田由美です。

 

ご訪問ありがとうございます。

発達障害で障害年金を受けている娘の母である私が、自分の経験から障害年金の事、発達障害の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金の事なら発達障害者と支援者のためにお客様の声Facebookお問い合わせはこちらからマイベストプロ神奈川

 

発達障害者と親の会に入り、勉強会に参加し、自分でも企画してきたので。

 

障害年金を請求したいとお考えの方を、ご紹介いただく事も増えてきています。

 

 

丁寧に、色々な切り口で伺って、請求に繋げます

 

今日のタイトル「見た目は全く普通ですから」 ご紹介の時、このようにお聞きする事も多いです。

 

実際にお会いすると、それがまた当たってる。

 

今までの人生で「えっ、どこが障害なの?」と言われてきた方も多い。

 

だから周りの理解が得られない、ご家族や医師が、障害の程度を実際よりも軽くとらえている。

 

その結果、障害年金を請求するのが思ったよりも困難で、私の所にご相談に見える訳ですが。

 

見た目の印象だけでなく、メールやLINEでのやり取りでも「全く問題ない」と、私でも思ってしまう事もあります。

 

だけど、まだまだ奥が深い。

 

ずっと前からの支援者にお話を伺い、「わからないものですね…」と唸ってしまう時も少なくない。

 

一筋縄では行かないので、丁寧に、いろいろな切り口で日常生活の事、職場での事を伺って、請求に繋げるわけです。

 

 

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 

友だち追加