発達障害 障害年金 病状が軽く書かれてしまう理由 | 発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給している娘の母親である社会保険労務士が、発達障害者が就労し親亡き後に自立して行かれるために必要な情報、親の心構え等お伝えしています。

発達障害、障害年金専門の社労士、(社)障がい者才能開発支援協会 代表の岩田由美です。

 

ご訪問ありがとうございます。

発達障害で障害年金を受けている娘の母である私が、自分の経験から障害年金の事、発達障害の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金の事なら発達障害者と支援者のためにお客様の声Facebookお問い合わせはこちらからマイベストプロ神奈川

 

障害年金を請求する時に、大事な大事な医師の診断書。

 

請求者する方の本当の辛さ、病状の大変さを正確に医師に伝えるため、診察に同席する事が多くなって気がついた。

 

 

短い時間で実状を伝えるのは、やっぱり難しい

 

診察室の中で障害年金の話になるまでは、お客様と主治医の横で待たせていただくのだけど。

 

主治医からの「最近はどうですか?」に答える様子が、意外とリラックスしていてビックリする時もある。

 

報告を受けた主治医の方も「そうなんですか。それは辛いですね」と、きちんと受け止めながら診察が進んで行く。

 

そうか。お互いに慣れてきてペースが掴めると、リラックスしている様子が「普通」になってくるのかもしれない。

 

だから短い診察時間内に「毎日辛いんです」と訴えても、主治医の方にはピンと来ないんだろうなあ。

 

だって本当に辛い時は、通院さえもできない。

 

だから予約した日に何とか診察を受ければ、「援助があればできる」との診断になるのかもしれない。

 

緊張しすぎて伝えられない、リラックスできるから伝わらない。

 

障害年金を請求するために書類を作る私としては、どちらの場合でも一言ある。

 

日常生活の本当の状況を聞き取って、医師に正しく伝える事ができるのは、やっぱり第三者である社労士だと思う。

 

 

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 

友だち追加