発達障害 障害年金 年金生活者支援給付金 | 発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給している娘の母親である社会保険労務士が、発達障害者が就労し親亡き後に自立して行かれるために必要な情報、親の心構え等お伝えしています。

発達障害、障害年金専門の社労士、(社)障がい者才能開発支援協会 代表の岩田由美です。

 

ご訪問ありがとうございます。

発達障害で障害年金を受けている娘の母である私が、自分の経験から障害年金の事、発達障害の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金の事なら発達障害者と支援者のためにお客様の声Facebookお問い合わせはこちらからマイベストプロ神奈川

 

「年金生活者の生活を支援するために」、年金に上乗せされて支給される「年金生活者支援給付金」

 

令和になった頃のタイミングから、障害年金の請求をする時、窓口では同時に請求書を提出しています。

 

 

娘の書類も出そうと思っていたら、ちょうど案内が届きました。

 

 

 折り目が付いているのは、手続き用のハガキと一緒に封筒に入っていたからです。

 

この手続き用ハガキの裏面に、名前と提出日、電話番号を書いて認印を押す。

 

表面には自分の住所と氏名を書いて、切手を貼るだけ。急いで請求書を書かせなくて良かった。

 

image

 

案内が届いている方なら、早めに手続きをされた方がいいようです。
 
手続きが遅れると、2019年10月分から2020年1月分が受け取れない、これは避けたいですね。
 

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 

友だち追加