発達障害 障害年金 大和和紀『ヨコハマ物語』×大佛次郎の横濱 | 発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給している娘の母親である社会保険労務士が、発達障害者が就労し親亡き後に自立して行かれるために必要な情報、親の心構え等お伝えしています。

発達障害、障害年金専門の社労士、(社)障がい者才能開発支援協会 代表の岩田由美です。

 

ご訪問ありがとうございます。

発達障害で障害年金を受けている娘の母である私が、自分の経験から障害年金の事、発達障害の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金の事なら発達障害者と支援者のためにお客様の声Facebookお問い合わせはこちらからマイベストプロ神奈川

 

今年、開港160周年を迎える横浜。

 

そんな2019年、大佛次郎記念館のテーマ展示として開催されている「大和和紀『ヨコハマ物語』×大佛次郎の横濱」展

 

 

 

 「はいからさん」の方が知られているかな

 

4月から3期に分けて開催されていたのに、知ったのは1か月ほど前。

 

9月8日までなので、大急ぎで行って来た。

 

「ヨコハマ物語」は単行本8巻セットが揃った頃、妹が買ってきたのを読んだけど。

 

何十年も前の事なので、ストーリーが思い出せない。

 

記念館に文庫本4巻セットがあったので、空いているのをいい事に読み耽り、懐かしく思い出す。

 

3期に分けた最終回の今期は、最終話の原画等が展示されている。

 

原画の数が多くはない分、ゆっくり観て、読んで、それでも時間はあっという間。

 

会期末だから?アンケートに答えるとポストカードが貰えます↓

 

展覧会初日と6月2日開港記念日に配っていた、特製ポストカードのようです。

 

 

この大佛次郎記念館のある、港の見える丘公園、バラの美しい季節は平日でも人が多いのですが。

 

今回、閉館後に園内を歩いても、誰もいない! 落差にビックリでした。

 

 

「大和和紀『ヨコハマ物語』×大佛次郎の横濱」展、明日9月8日までですが、良かったら行ってみて下さいませ。

 

 

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 

友だち追加