発達障害 障害年金 やっぱり社労士に頼んだ方が | 発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給している娘の母親である社会保険労務士が、発達障害者が就労し親亡き後に自立して行かれるために必要な情報、親の心構え等お伝えしています。

発達障害、障害年金専門の社労士、(社)障がい者才能開発支援協会 代表の岩田由美です。

 

ご訪問ありがとうございます。

発達障害で障害年金を受けている娘の母である私が、自分の経験から障害年金の事、発達障害の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金の事なら発達障害者と支援者のためにお客様の声Facebookお問い合わせはこちらからマイベストプロ神奈川

 

障害年金の依頼人の方と一緒に、その方の主治医の許に伺う事も多くなってきたから。

 

多くのドクターとお会いする中で、障害年金については本当にそれぞれ、色々な思いをお持ちだと、教えられる事も多くなった。

 

大きな病院だとカフェも入ってるのですね

 

必要な方は、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい

 

今日のタイトルは、同行した病院で医師が仰ったこと。

 

このように、障害年金や社労士にご理解が深い医師とお会いできると、本当に嬉しい、元気100倍!

 

確かに、請求者ご本人で手続きを進められる事も、否定するものではありませんが。

 

年金事務所に出した書類に不備があれば、何度も問い合わせが入るし、その度に年金事務所に行く事になる。

 

何よりも、年金事務所に出すまでに、時間がかかり過ぎるかと思います。

 

診断書も、通院歴が多い場合は「どこの病院で書いてもらったらいいのだろう??」と悩む事になるし。

 

場合によっては、不要な診断書まで用意している方も時々お会いする。もったいない…

 

そして、ご自分で用意して提出して、不支給だった場合。

 

「あんなに大変な思いをしたのに、不支給なんて…」と落ち込んで、次の手を打てないままに諦めてしまう場合もあるようで。

 

これも勿体ない… まだまだ諦める事はないのに…

 

こちらとしては、ご相談いただかない以上、何ともできないから。必要な人に届かないのは、本当にもどかしい。

 

もしこのブログをご覧いただいている方で、障害年金の事で何か悩んでいらっしゃるのであれば。

 

ぜひ一度、お気軽にお問い合わせ下さい。メールでしたら、いつでも受付しております。

 

 

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 

友だち追加