発達障害 障害年金 頑張って外に出てる事は伝わらない | 発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給している娘の母親である社会保険労務士が、発達障害者が就労し親亡き後に自立して行かれるために必要な情報、親の心構え等お伝えしています。


テーマ:

発達障害、障害年金専門の社労士、(社)障がい者才能開発支援協会 代表の岩田由美です。

 

ご訪問ありがとうございます。

発達障害で障害年金を受けている娘の母である私が、自分の経験から障害年金の事、発達障害の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金の事なら発達障害者と支援者のためにお客様の声Facebookお問い合わせはこちらからマイベストプロ神奈川

 

障害年金を請求するためには、医師の診断書が必要ですが。

 

この診断書をきちんと書いてもらえるかどうか、これでほぼ決まります。

 

 

短い時間ではわからない事情を汲み取って行きます

 

「診」て「断」じる「書」ですから。受診時の様子をカルテに書き、そのカルテを基に診断書は書かれる事になる。

 

長いとは言えない診察時間、ちゃんと私の事、伝わっている?と心配になってしまうのは無理もない。

 

病院に行く時、それなりに身なりを整えて行きますよね? 髪に寝癖がついたままとか、ノーメイクでは行かないと思う。

 

だけど、依頼された方から、ゆっくりお話を伺っていると…

 

「お風呂に入るのも、歯を磨くのも、辛いんです」と仰る方も珍しくない。

 

びっくり! 私の前にいる方は、そんな事、微塵も感じさせないから。

 

どうやら病院に行く時も、私との面談の時も、気合を入れて、身なりを整えて、外に出ていらっしゃるんだと思う。

 

時間をかけて、私はお話を聞いてるから、身なりを整えるのが辛い事、伝わっているけれど。

 

病院の短い診察時間では、伝わるかどうか。

 

 

目には見えない、そんな事情も掬い取って、準備をして行きます。

 

 

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 

友だち追加