発達障害 障害年金 お互いによく知りたいのです | 発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給している娘の母親である社会保険労務士が、発達障害者が就労し親亡き後に自立して行かれるために必要な情報、親の心構え等お伝えしています。

発達障害、障害年金専門の社労士、(社)障がい者才能開発支援協会 代表の岩田由美です。

 

ご訪問ありがとうございます。

発達障害で障害年金を受けている娘の母である私が、自分の経験から障害年金の事、発達障害の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金の事なら発達障害者と支援者のためにお客様の声Facebookお問い合わせはこちらからマイベストプロ神奈川

 

障害年金の請求のご依頼をいただき、面談にメール等でのやり取り、書類の作成。

 

自分でも「しつこいなあ」とつい、苦笑いしてしまう時がある。

 

image

 

 

お互いによく知る事で、必要な事も話せるようになる

 

障害年金の請求に必要な書類を完成させるために、とりわけ医師に依頼人の現状、困っている現状を正確に伝えるために。

 

と考えると、つい力が入ってしまう。何と言っても、依頼人に話してもらえない事には書類は作れないから。

 

じゃあ、話してもらうためには…と考えると、信頼関係を作る事が欠かせない。

 

私が一方的に聞き出すだけでなく、自然に話をしてもらえるためにはどうすればいいか。

 

いつも「聞く側」にいて、あれこれ考える私だけど、珍しく「聞かれる側」になった。

 

先日初めて受診した、娘の新しいてんかんの医師。

 

初診という事で時間を取って下さり、じっくりお話しできた中で言われたのが、今日のタイトル。

 

あ、そうか。お互いにね。なるほど。

 

立場が変わって、言われてみて、腑に落ちた。

 

どう聞いてもらえたら、話しやすいのか、話せるのか。

 

お互いに相手の事を良く知る事で安心できる。この人なら話せそう、話してもいいと思えるようになる。

 

時間も必要。手間も必要。そうね。納得。

 

また打合せが続くから。意識してみよう。

 

 

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 

友だち追加