発達障害 障害年金 フィリップス・コレクション展 | 発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給している娘の母親である社会保険労務士が、発達障害者が就労し親亡き後に自立して行かれるために必要な情報、親の心構え等お伝えしています。


テーマ:

発達障害、障害年金専門の社労士、(社)障がい者才能開発支援協会 代表の岩田由美です。

 

ご訪問ありがとうございます。

発達障害で障害年金を受けている娘の母である私が、自分の経験から障害年金の事、発達障害の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金の事なら発達障害者と支援者のために個人セッションお客様の声Facebookお問い合わせはこちらから

 

会期終了まで後2日! 行こうと思っている方は急ぎましょう!

 

私も急いで行って来ましたが、平日なのに入場制限がされ、並んで入館を待ちました。

 

フィリップス・コレクション展HPよりお借りしました

 

有名でも大きな作品でもないけれど、驚く作品群

 

いきなりですが、これ↑は誰の絵でしょう?? あの画家の、このような絵は初めてなのですが…

 

ゴーギャンの「ハム」という作品です。ゴーギャンと言えばタヒチの女、と思っていましたが。こんな作品もあったのですね。

 

他にもセザンヌのこんな自画像。お歳を召してからの作品でしょうか。

 

フィリップス・コレクション展HPよりお借りしました

 

マネ「スペイン舞踊」。ゴヤやベラスケスを参考にしたと言われると納得。

フィリップス・コレクション展HPよりお借りしました

 

ブラックと言えばキュビスムと思っていたけれど… 

フィリップス・コレクション展HPよりお借りしました


点描でないスーラもありました。

フィリップス・コレクション展HPよりお借りしました

 

と、一部をご案内しても、今まで知らなかった画家の一面を見る事ができて。この中に↑有名な作品はなかったけど「わあ~こんな作品もあったのね」の驚きは、何枚もあった。

 

会期があと2日になってしまったフィリップ・コレクション展。連休中は寒そうだけど混むかしら。

 

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 

友だち追加

発達障害・障害年金 社労士 岩田由美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります