発達障害 障害年金 ダメ元でとにかくやってみる | 発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給している娘の母親である社会保険労務士が、発達障害者が就労し親亡き後に自立して行かれるために必要な情報、親の心構え等お伝えしています。


テーマ:

発達障害、障害年金専門の社労士、(社)障がい者才能開発支援協会 代表の岩田由美です。

 

ご訪問ありがとうございます。

発達障害で障害年金を受けている娘の母である私が、自分の経験から障害年金の事、発達障害の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金の事なら発達障害者と支援者のために個人セッションお客様の声Facebookお問い合わせはこちらから

 

仲間からの強いリクエストを受けて、もう一度見学に行って来ました。NPO法人多摩草むらの会。

 

2回目だと目新しい事もないでしょって? いいえ、そんな事全くありません。

 

多摩センターは何でもキティちゃん

何でもダメ元で、とにかくやってみる

 

そうは言っても、初めて見学したお母さん達の反応と言ったら! 目からウロコだった、感激した、圧倒された、行って良かった、等々。

 

確かに、就労だけでなく、生活だけでなく、医療だけでなく、地域とのつながりだけでなく、全部まとめて連携されて支えられているのは。

 

本人にとっては、これで親はいらないし(笑) 安心で気楽な事。親にとっても、その位がありがたい。

 

この仕組みを、私たちと同じ障害者の親が連携して作り上げたというのが… 一同ビックリ!

 

もちろん時間もかかったと思うし、口に出せない事もたくさん、たくさんあったはず。

 

だけど「何でもダメ元でやってみる」という姿勢で、ずっと続けて来たと、代表がお話されてた。

 

そうね。とにかくやってみる。ダメ元でOK。失敗したからって、誰も覚えてなんかいないって。

 

友だち追加

 

 

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 

友だち追加

発達障害・障害年金 社労士 岩田由美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります