発達障害 障害年金 正社員になりました | 発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給している娘の母親である社会保険労務士が、発達障害者が就労し親亡き後に自立して行かれるために必要な情報、親の心構え等お伝えしています。


テーマ:

発達障害、障害年金専門の社労士、(社)障がい者才能開発支援協会 代表の岩田由美です。

 

ご訪問ありがとうございます。

発達障害で障害年金を受けている娘の母である私が、自分の経験から障害年金の事、発達障害の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金の事なら発達障害者と支援者のために個人セッションお客様の声Facebookお問い合わせはこちらから

 

2年前の私が書いた記事が、毎日出て来るのを見ると… 時間の経つのが早い事を実感します。

 

 

嬉しい近況報告が何よりの喜びです

 

何年か前に障害年金の請求手続きをさせていただいた方。このお正月も連絡がありました。

 

「昨年、念願の正社員になれました。無理をせずに続けて行きます」

 

よかった!! こういうご報告は本当に嬉しいものです。

 

皆さんご相談に見える時は、働ける状況ではなかったり、働いてはいるけれど続けられそうにない、いつ退職になるかわからない、等々。

 

多かれ少なかれ、仕事が続かない事から来る経済的な不安を抱えていらっしゃる。

 

そんな経済的な不安を少しでも解消するために、障害年金は大きな役割を果たしてくれる。

 

障害年金を受ける事で「お金の不安」が解消されるのは間違いない。

 

「お金の不安」が少しでも解消されたら、無理して働かなくてもよくなるから。

 

無理しすぎないように仕事を続けて、←発達障害の人はどうしても無理をしてしまうから

 

余裕が出て来ると本来の力を発揮する事ができるし、それができればしめたもの!

 

職場に定着できて、正社員になれて。さらに次のステップを目指すとの事。

 

新年早々、嬉しいご報告に感謝です。私もますます頑張れそうです。

 

 

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 

発達障害・障害年金 社労士 岩田由美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります