発達障害 障害年金 期間限定でもいい | 発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給している娘の母親である社会保険労務士が、発達障害者が就労し親亡き後に自立して行かれるために必要な情報、親の心構え等お伝えしています。


テーマ:

発達障害、障害年金専門の社労士、(社)障がい者才能開発支援協会 代表の岩田由美です。

 

ご訪問ありがとうございます。

発達障害で障害年金を受けている娘の母である私が、自分の経験から障害年金の事、発達障害の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金の事なら発達障害者と支援者のために個人セッションお客様の声Facebookお問い合わせはこちらから

 

障害年金のご相談に見える方々。貰う気満々かと思いきや、意外とそうでもないのかな?と思う場合も。

 

どうしてでしょう??

 


一時的に生活を安定させるための受給でも

 

最初は仰らない方が多いのですが、よくよく伺ってみると…

 

どうやら「障害」年金、「障害者」手帳のように、「障害」が名称に入ってくる福祉サービスを受ける事に抵抗があるのでは?

 

そんな気がいたします。

 

本人にしても、家族にしても、「障害」を受け入れていたつもりが、実は心の中で抵抗があるらしい。

 

「このままずっと、障害者として生きる事になるのかしら?」

 

障害年金も障害者手帳も、手にできるのはありがたいけれど。

 

ずっと受け取り続けるのも… そんな思いがあるのかもしれません。

 

だけど障害年金も障害者手帳も、実は更新があるので。止められてしまう事もある。えっ??

 

当てにしていた手帳と年金が止められてしまう、それは非常に困るのだけど…

 

中には障害年金も不要になり、「障害年金止められちゃった~」と、明るく仰る方も。

 

そうなれるまで、一時的に生活を安定させるために、そう割り切って受給するのも1つの考え。

 

不安も、迷いもきっとあるはず。お気軽にお問い合わせ下さい!

 

 

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 

発達障害・障害年金 社労士 岩田由美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります