発達障害 障害年金 書類の整理が苦手なんです | 発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給している娘の母親である社会保険労務士が、発達障害者が就労し親亡き後に自立して行かれるために必要な情報、親の心構え等お伝えしています。


テーマ:

発達障害、障害年金専門の社労士、(社)障がい者才能開発支援協会 代表の岩田由美です。

 

ご訪問ありがとうございます。

発達障害で障害年金を受けている娘の母である私が、自分の経験から障害年金の事、発達障害の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金の事なら発達障害者と支援者のために個人セッションお客様の声Facebookお問い合わせはこちらから

 

障害年金の請求には、とにかく必要な書類が多い。医師の診断書さえあれば、というものではない。

 

請求する本人が書かないといけない書類、役所に行って用意する書類、あれもこれも、という感じで…

 

シャガール「誕生日」MUSEYさんから拝借しました

福祉関係の書類や制度は、わかりにくい

娘の机を見る限り、どう見ても発達障害者は、書類の整理が苦手だと思わざるを得ない。書類に限らないけど。

 

とにかく整理整頓が苦手、机の上はほとんど物置で(笑)、ここでどうやって勉強するんだ?と、いつもイライラしてた。

 

困るのは、学校からのお知らせを見せるのを忘れたり、失くしたり。特に娘の場合、担任から連絡事項は色々あるはずなので。

 

仕方ない、私が先回りして探したり、片付けたりが今でも続いている。やれやれ。

 

だから、今日のタイトルをお客様から言われても「そうですね」と、大いに納得。口には出せないけど。

 

本当に、よく言われるんです。書類を失くしてしまう、この書類の意味がわからない、どう書けばいいかわからない、と。

 

これは本人の問題では全くなくて、制度がわかりにくいから、面倒だからと言うのも、大いにあると思う。

 

だから気軽に相談してほしい、障害年金の事、その周りの関係ある制度の事。

 

1人で悩んでいるより、相談してしまった方が早いですから!

 

 

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました!

 

 

10/28(日)手作り味噌で腸内環境をろう整えよう

 近日募集開始します!

 

【発達障害と上手に向き合い人生が変わる!個人セッション】

 リニューアル準備中です!

 

発達障害・障害年金 社労士 岩田由美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります