発達障害 障害年金 ルールは守らなければいけません! | 発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

障害年金を受給しているアスペルガー娘の母親である社会保険労務士が、発達障害者が就労し親亡き後に自立して行かれるために必要な情報、親の心構え等お伝えしています。


テーマ:

発達障害、障害年金専門の社労士、(社)障がい者才能開発支援協会 代表の岩田由美です。

 

ご訪問ありがとうございます

発達障害で障害年金を受けている娘の母である私が、自分の経験から障害年金の事、発達障害の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金の事なら発達障害者と支援者のために個人セッションお客様の声Facebookお問い合わせはこちらから

 

今日が金曜日でよかった! 見逃せない2試合、心置きなく観る事ができます。

 

imageimage

いざ激突! 「Number Pllus」から

ルールを守らないのは許せない

サッカーにはサッカーのルールがある。道路には交通ルールがある。

 

先日、赤信号で信号待ちをしていた私の横を、何人もの人が渡って行った。んん? 確かに車は来てなかったけど。

 

うちの娘がその場にいたら、怒るだろうなあ。「交通ルールは守らなければいけません!」と厳しいから。

 

青信号がチカチカし始めると、渡るのを止める娘。つい渡ってしまう私は、一緒の時はいつも怒られる。

 

「ルールを守らないのは許せない」 アスペルガーの大きな特性の1つ。

 

これが大きなこだわりになり、学校や職場でトラブルになる場合も少なくない。

 

間違った事は言ってない、正しいんだけど。それだけでは通らない時もあるから、アスペルガーの人には生きにくい。

 

 

今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

2/25(日)手作り味噌で腸内環境を整えようありがとうございました!
 次回もお楽しみに!

 

【発達障害と上手に向き合い人生が変わる!個人セッション】
 リニューアル準備中です!

 

発達障害・障害年金 社労士 岩田由美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります