発達障害 障害年金 淡々とした日々が一番 | 発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給している娘の母親である社会保険労務士が、発達障害者が就労し親亡き後に自立して行かれるために必要な情報、親の心構え等お伝えしています。


テーマ:

発達障害、障害年金専門の社労士、(社)障がい者才能開発支援協会 代表の岩田由美です。

 

ご訪問ありがとうございます

発達障害で障害年金を受けている娘の母である私が、自分の経験から障害年金の事、発達障害の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金の事なら発達障害者と支援者のために個人セッションお客様の声Facebookお問い合わせはこちらから

 

昨夜と今夜はW杯の試合がない。淋しい!! でも睡眠時間は確保されるから、平和かもしれない!?

 

「Number Pllus」から。スーパースターお2人もベスト16まででした(涙)

休日も予定が多いより淡々とした過ごし方が好き

現地に行く訳でもなく、仕事にも日常生活にも支障がないようにテレビを観ているので。家族からのクレームは全くない(笑)

 

娘が高校生の頃は、お弁当の心配もあったようだけど。今は自分で作っているから、私がテレビに夢中でも関係ない。

 

いつもと同じ。何と言ってもこれが、発達障害の人にとっては嬉しい環境。

 

起きる時間も同じ、家を出る時間も同じ、休日も同じ、週末のパターンも同じ。

 

通っている事業所での仕事も、ほぼパターン化していて、大きな変化がない。これが落ち着くらしい。

 

昼夜逆転している方の話も聞くけれど、その方なりに、決まった生活パターンができてるんでしょうね。

 

娘は休日がシフト制の頃、今にして思えばだけど、かなりストレスを感じてたらしい。

 

土曜日が出勤だったり、日曜日が出勤だったり、あるいは両方だったり。休日の曜日が決まってなくて、パニックしていたかもしれない。

 

今は土日は休み。どちらか1日外出して、もう1日は家でゆっくり、それで十分らしい。

 

「せっかくの休みだから」は、娘には大きなお世話。イベントは時々、で十分。

 

 

今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

2/25(日)手作り味噌で腸内環境を整えようありがとうございました!
 次回もお楽しみに!

 

【発達障害と上手に向き合い人生が変わる!個人セッション】
 リニューアル準備中です!

 

発達障害・障害年金 社労士 岩田由美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります