発達障害 「休むのも仕事のうち」と割り切って | 発達障害者が障害年金を貰いながら働く方法

発達障害者が障害年金を貰いながら働く方法

成人したアスペルガー娘の母である私から
発達障害者(自閉症スペクトラム・アスペルガー)が就労し
親亡き後も幸せに自立して行かれるために
必要な情報や心構え等お伝えして行きます。


テーマ:

発達障害、障害年金専門の社労士、(社)障がい者才能開発支援協会 代表の岩田由美です。

 

ご訪問ありがとうございます

成人したアスペルガー娘の母である私が、発達障害の事、障害年金の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金の事なら発達障害者と支援者のために個人セッションお客様の声Facebookお問い合わせはこちらから

 

もう少しやっておきたい、と思っても体がついて行かなくて、早々と休んでしまう日もある。

 

後になって振り返ると、そんな時は「今日は休みなさい」と、身体がサインを出していた時。

 

「休むのも仕事のうち」位に割り切ってもいい

だから、娘から「今日はちょっと体調が…」と言われた時も、一応話は聞く事にしている。

 

今にして思えば、職場で先輩からの嫌がらせが続いてた時、体調不良を理由に休んだり遅刻したり、忘れ物も多かった。

 

この春から社会人になった方は2週間、学生さんは1週間が過ぎましたが、ドッと疲れが出始めたりしてないでしょうか? 特に発達障害の方。

お話を聞いていると「そんなに頑張らなくてもいいのに~」と心配になるくらい、頑張ってしまう傾向がある。

だけど休みの時にはしっかり休んだ方が、仕事の効率もかえって上がるのに。

「自分は○○が苦手だから、少しは勉強して追いつかないと…」なんて根を詰めると、続かないよ。

 

真面目で一所懸命、それは素晴らしいけれど。休む時はきちんと休もうよ。
 

そう言えば高校時代、剣道部の顧問の先生が「休むのも練習のうち」と言ってたっけ。

 

 

 

今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。 

 

2/25(日)手作り味噌で腸内環境を整えようありがとうございました!
 次回もお楽しみに!

 

【発達障害と上手に向き合い人生が変わる!個人セッション】
料金 1時間10000円(税込)
●スケジュールの方は、調整させていただきます!
●スカイプもしくは横浜駅周辺での対面で行います!
●ご感想を書いて下さいね(匿名・イニシアルでもOK)
●詳細は、下のバナーをクリック! ↓
 

発達障害・障害年金 社労士 岩田由美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります