発達障害 今すぐ障害年金、でなくてもいい | 発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給している娘の母親である社会保険労務士が、発達障害者が就労し親亡き後に自立して行かれるために必要な情報、親の心構え等お伝えしています。


テーマ:

発達障害、障害年金専門の社労士、(社)障がい者才能開発支援協会 代表の岩田由美です。

ご訪問ありがとうございます

成人したアスペルガー娘の母である私が、発達障害の事、障害年金の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金の事なら発達障害の方と支援者のために個人セッションお客様の声Facebookお問い合わせ

 

 

昨夜の記事で「20歳になったら障害年金かもしれません」とお伝えしました。

 

が、子どもの頃に「発達障害」と診断がついた、だから20歳になったら必ずしも請求しなければいけない、という事ではありません。

 

請求しようという気持ちになった時でもいいかもしれません

実は私のように、子どもが養護学校に通っていた場合。養護学校の「卒業後の進路指導」の中で、「地域の担当のケースワーカーさんと繋がりましょう」等、親がやっておくべき事を指導されます。

 

その中で「20歳になったら障害年金(を請求できる)」と話があるので。親の方では少しずつ、心の準備ができているわけです。

 

そんな私たちとは違って、例えばずっと普通高校に通っていた、発達障害の診断を受けたのが高校1年生だった、という場合。

 

20歳の誕生日の時に、障害年金の受給要件は満たしている(かもしれない)場合であっても…

 

「えっ、うちの子が(自分が)、障害年金?」と受け入れられない場合も、実は少なくないのです。

 

そこは… 私たちのように、子どもが小さい頃から親子で障害と向き合ってきた場合と、ほんの数年前から「障害」と向き合い始めた場合とでは、受け入れ方が違うのはわかっているので。

 

「20歳になったから」と、必ず請求しなさいとか、早く請求しなさいとか、伝えるつもりは全くありません。

 

実際、ご家族によってお考えはいろいろ。そんな皆様の思いを伺いながら、私は相談を受けています。

 

ただ、1つ大事な事。 20歳の誕生日の時点では請求をしないけど、何年か経ってから請求しようとお考えの場合。

 

遡って請求できるのは5年が限度なので、その点はお気をつけ下さい。

 

 

これを機に障害年金の事考えてみたい、相談にのってほしいとお考えでしたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

今日も最後まで読ん下さり、ありがとうございました。

 

2/25(日)発達障害のための調理実習セミナー「手作り味噌で腸内環境を整えよう」

近日中に募集開始です!

【発達障害と上手に向き合い人生が変わる!個人セッション】

料金 1時間10000円(税込)

●スケジュールの方は、調整させていただきます!

●スカイプもしくは横浜駅周辺での対面で行います!

●ご感想を書いて下さいね(匿名・イニシアルでもOK)

●詳細は、下のバナーをクリック! ↓

 

 

 

発達障害・障害年金 社労士 岩田由美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります