発達障害者が障害年金を貰いながら働くコツ

成人したアスペルガー娘の母である私から
発達障害者(自閉症スペクトラム・アスペルガー)が就労し
親亡き後も幸せに自立して行かれるために
必要な情報や心構え等お伝えして行きます。


テーマ:

発達障害、障害年金専門の社労士、(社)障がい者才能開発支援協会 代表の岩田由美です。

ご訪問ありがとうございます

成人したアスペルガー娘の母である私が、発達障害の事、障害年金の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金の事なら発達障害の方と支援者のために個人セッションお客様の声Facebookお問い合わせ

 

娘の通っているB型事業所。今月から同じ建物内に生活介護事業所も設けるとの事で、ロッカーが使えなくなったり、お昼を食べる場所が変わったりするようです。



こちらはスヌーピーカフェ


職場の環境が変わると人一倍ストレスが大きいのが発達障害

なんだかんだ言って、今の事業所も5年目になった娘。あっという間。

同じ法人の運営する就労移行支援に2年、就労継続A型に2年、就労継続B型は1年目。

移行支援とA型では掃除の仕事、今のB型では洗濯物をたたむ作業が中心。

発達障害者が仕事に就く場合、あまり変化が多くない方がいいとは聞くけれど、実際には娘だってこうして仕事が変わり、通う場所が変わり、周りの人間関係も変わっている。

それでも同じ法人が運営している場所だから?変更による大きなパニックはない。

「せっかくいい仕事が見つかったけど、上司が変わったので」 職場の環境が変わってストレスを感じ、通うのが難しくなる場合もあると聞く事も少なくない。発達障害の人は、変化によるストレスを人一倍強く感じるから。

だからって、いい職場だから、ずっとこのままでと思っても、現実にはなかなか難しい。

そんな時、どう対応するか。心の中では準備しておいた方がいい。

 

 

今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

11/23(祭)発達障害のための米粉ピザで早めのクリスマスパーティ!

ありがとうございました! 次もご期待下さいね。

【発達障害と上手に向き合い人生が変わる!個人セッション】

料金 1時間10000円(税込)

●スケジュールの方は、調整させていただきます!

●スカイプもしくは横浜駅周辺での対面で行います!

●ご感想を書いて下さいね(匿名・イニシアルでもOK)

●詳細は、下のバナーをクリック! ↓

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

発達障害・障害年金 社労士 岩田由美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります