発達障害 福祉サービスは自己申告制です | 発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給している娘の母親である社会保険労務士が、発達障害者が就労し親亡き後に自立して行かれるために必要な情報、親の心構え等お伝えしています。


テーマ:

(社)障がい者才能開発支援協会 代表理事で、障害年金専門の社会保険労務士、岩田由美です。

ご訪問ありがとうございます

成人したアスペルガー娘の母である私が、発達障害の事、障害年金の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金個人セッションお客様の声協会HPFacebook
お問い合わせ


昨日のFB友達の投稿。「そうそう!」と思う記事があったので、FBではシェアさせていただきました。

大事な事なので、こちらでも書いておきます。

 

待ってても役所からお知らせは届きません

「またこの画像!」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。が、FBでシェアさせていただいた記事の中に「自立支援医療をいまだに知らない方も多い」と書かれていたので、やっぱり発信していく事は必要なんです。

しつこいですが、私はこの制度↑医師や看護師、役所の方から口頭では教えてもらっていません。待合室の壁に貼られたポスターに気がつくまで、娘は何か月間も3割負担をしていました。

「医療費が高くて病院に行くのも迷う」という話、結構耳に入ってきます。3割負担だと本当に薬代はバカにならない。

だからって「手続きすれば1割負担で済みますよ~」と教えてくれる人、なかなかいないって。

自立支援医療の他にも、交通無料乗車券を発行してくれる自治体もあります。これは障害者手帳が必要です、たぶん。娘は毎年自分で手続きしています。←できるようになりました。

これだって「障害者手帳があれば、交通無料乗車券が申請できますよ~」と役所から通知なんて来ません、きっと。

通知が来るのは督促状関係。「税金がまだ納められていません」 自治体が貰う方の話ばかりです。

住民が貰う方の話だって知らせないわけではありません。ポスターが貼ってあったり「県のたより」等に書いてあるのかもしれません。が、しっかりチェックしないと気がつかない。

何が言いたいのか。権利は自分から取りに行かないとダメ!という事。「障害者手帳を申請しようか、どうしようか」迷う気持ちもわからなくはありませんが。

障害があるという事で大変な思いをたくさんしている以上、受けられる恩恵は積極的に取りに行く事をお勧めします。

 

 

 

今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

11/23(祭)発達障害のための米粉ピザで早めのクリスマスパーティ!
 ※ 日 時     :     平成29年11月23日(祭)13時~16時  
 ※ 場 所     :     横浜市内 ← お申し込み後にご案内致します
 ※ 講 師     :     管理栄養士 小林浩子 さん

 ※ 定 員    :     6名 (残2名様)
 ※ 参加費   :    7000円

     
              お申し込みは、こちらからお願いいたします!
 
【発達障害と上手に向き合い人生が変わる!個人セッション】
料金 1時間10000円(税込)

●スケジュールの方は、調整させていただきます!

●スカイプもしくは横浜駅周辺での対面で行います!

●ご感想を書いて下さいね(匿名・イニシアルでもOK)

●詳細は、下のバナーをクリック! ↓

 

 

 

発達障害・障害年金 社労士 岩田由美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります