発達障害者(自閉症スペクトラム・アスペルガー・ADHD)が障害年金を貰いながら働くコツ

成人したアスペルガー娘の母である私から
発達障害者(自閉症スペクトラム・アスペルガー)が就労し
親亡き後も幸せに自立して行かれるために
必要な情報や心構え等お伝えして行きます。


テーマ:

目に見えない障害の心配を

目に見える将来の安心に!

(社)障がい者才能開発支援協会 代表理事で社会保険労務士の岩田由美です。
ご訪問ありがとうございます

成人したアスペルガー娘の母である私が、発達障害の事、障害年金の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金個人セッションお客様の声協会HPFacebook
お問い合わせ


引き続き土曜日のセミナーのレポ。飽きちゃった?(笑)

でも、最後にこれだけは伝えておきたいのです。

 

{CF75034B-8D9D-4E3E-BA58-37361EEC52AE}

 

子供たちは「バリアフリー」なんて考えてもいないよ(笑)

今回のセミナーには、小学校2年生のやんちゃ坊主(ゴメン!)2人もお母さんと一緒に参加。ま~元気な事!

私たちが調理している所をチョロチョロ(笑) 「やらせて~ やらせて~」と身を乗り出す。少し手伝うと、今度は2人で走り回る。動画に撮っておくべきでした(笑)

暑いからと服を上に着ていた服を脱ぎ↑ 騒ぐのに飽きて「お腹すいた~」 の図。

この2人は同級生。2人を含めたやんちゃ坊主たち(お嬢ちゃんも?)が仲良しとの事。実は1人は支援級在籍の発達障害児。えっ、そうなの? だって。

2人のはしゃいでいる様子からは「○○君は障害があるから」なんて気遣いは微塵もない。全然普通に、元気にギャーギャー(ゴメン!) こんな2人は「バリアフリー」なんて考えた事もないはず。元々バリアがないんだね。

きっとお母さんが素直に「うちの子は」と伝える事ができて、聞いた側も「あ、そうなの」サラッと受け入れる事ができてる。もちろん気遣いはするけれど、それは「障害だから」とは関係なく、気を遣うのは当たり前の事だから。

構え過ぎず、素直に堂々としていたら、意外とアッサリ受け入れてもらえるのかもしれない。私たちのセミナーには画期的な、勇気をもらえる出来事でした。

そらたちゃまさん、ありがとう! またそら君と一緒に来て下さいね。


今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

「ご飯とみそ汁から始めよう!」調理実習セミナー  大盛況でした!
 次回もお楽しみに!
【発達障害と上手に向き合い人生が変わる!個人セッション】
料金 1時間100005000円(税込)

●スケジュールの方は、調整させていただきます!

●スカイプもしくは横浜駅周辺での対面で行います!

●ご感想を書いて下さいね(匿名・イニシアルでもOK)

●詳細は、下のバナーをクリック! ↓

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

(社)障がい者才能開発支援協会 代表理事 岩田由美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります