発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給している娘の母親である社会保険労務士が、発達障害者が就労し親亡き後に自立して行かれるために必要な情報、親の心構え等お伝えしています。


NEW !
テーマ:

発達障害、障害年金専門の社労士、(社)障がい者才能開発支援協会 代表の岩田由美です。

 

ご訪問ありがとうございます。

発達障害で障害年金を受けている娘の母である私が、自分の経験から障害年金の事、発達障害の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金の事なら発達障害者と支援者のために個人セッションお客様の声Facebookお問い合わせはこちらから

 

介護現場でのハラスメントについてのテレビ番組、娘と一緒に見た。老人保健施設で働いていた娘には、どうしても気になるらしい。

 

幸い娘の場合は、利用者さんからのハラスメントはなかったと、話してた。

 

こんな風にのんびりした気分では、なかなか働けない?

相手を尊重したら、言動に気をつけるよね

ゲストの弁護士さんが「人間誰しも、尊厳がある訳だから」と話されていたけど、本当にその通り。

 

テレビで取り上げていたのは介護現場の話だけど、障害者の集う現場も同じ。

 

だけど残念ながら、利用者側と支援側、お互いに余裕がないところでは、どうしても未熟な部分が出てしまう、と思う事も多い。

 

子どもを通わせる親として大丈夫と信頼してはいても、「本当に?」と思う気持ち、実はゼロではない。

 

実際、障害者枠で就労している娘の仲間も「それセクハラじゃない?」としか言いようのない、言動を受けている女性もいる。

 

健常者の女性でも声を上げられない場合が少なくないのに、発達障害や知的障害の女性だと、ますます声を出せないし、どんな意味かもわからないのでは?と思う時もある。

 

相手が誰であれ「アイツは○○だから、これ位」言っていい、やっていいなんて、もちろんないはず。

 

件の娘の仲間は、支援機関に相談したらしいのだけど、相談員といいうのが全然頼りにならないお爺ちゃんで、解決されるんだかと、お母さんが嘆いていた。

 

相談する側は勇気出してるんだから、ちゃんと受け止めてよ。同じ話、テレビでもされていた。

 

 

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました!

 

10/28(日)手作り味噌で腸内環境を整えよう
 近日中に募集開始します。日付だけでもメモしておいて下さいね!

 

【発達障害と上手に向き合い人生が変わる!個人セッション】
 リニューアル準備中です!

 


テーマ:

発達障害、障害年金専門の社労士、(社)障がい者才能開発支援協会 代表の岩田由美です。

 

ご訪問ありがとうございます。

発達障害で障害年金を受けている娘の母である私が、自分の経験から障害年金の事、発達障害の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金の事なら発達障害者と支援者のために個人セッションお客様の声Facebookお問い合わせはこちらから

 

お盆休みも終わり、明日から本格的に稼働される方も多いのでしょうね。そんなお盆休み最終日。

 

朝、お隣の奥さんから、近所の地域ケアプラザでイベントがあると聞いて、娘は早速行って来た。

 

かき氷は食べ損ったそうです

「愛想がいい」も才能だと思うなあ

地域ケアプラザだから、参加者はお年寄りと子どもがほとんどだったらしい。夏休み中だしね。

 

かき氷、焼きそば、カレー、ちょっとしたゲームとか、規模は小さいけれど、それなりにお祭りの雰囲気はあったとか。

 

特に知り合いがいた訳でもないのに、ゲームコーナーを担当してたオッちゃん、オバちゃんと意気投合して、手伝ってきたみたい。

 

どうりで思ったより遅かったはず。お礼と言う程のものでもないけど、駄菓子を1つご褒美にもらってきた(笑)

 

娘は人当たりが良くて、年配の方には意外と人気がある。

 

以前勤めていたA型は老人保健施設で、そこでは掃除の仕事をしていた。

 

入居されているお年寄りの個室を回ってゴミを集めたり、共用のトイレと浴室の掃除。

 

お年寄りに優しく挨拶したり、声をかけるから、娘が回ってくるのを心待ちにしている利用者さんも多かった。

 

愛想がいい、年配の人に受けがいい、そんな特技?が生かせる仕事、みつかるといいなあ。

 

 

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました!

 

10/28(日)手作り味噌で腸内環境を整えよう
 近日募集開始します!

 

【発達障害と上手に向き合い人生が変わる!個人セッション】
 リニューアル準備中です!

 


テーマ:

発達障害、障害年金専門の社労士、(社)障がい者才能開発支援協会 代表の岩田由美です。

 

ご訪問ありがとうございます。

発達障害で障害年金を受けている娘の母である私が、自分の経験から障害年金の事、発達障害の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金の事なら発達障害者と支援者のために個人セッションお客様の声Facebookお問い合わせはこちらから

 

以前、長い間通ったサロンを変えた事があった。理由は、施術中の態度が頭に来たから。

 

マッサージしている間に、サロンに置いてある化粧品の売り込みなんて、しつこくしないでほしい(怒)

 

昨日の記事で紹介した「畑deきっちん」のランチです

「障害者だから仕方ない」ではダメなんだってば

サロンの側にも事情はあるんでしょうけど。化粧品を月にいくら売らないといけない、とか(笑)

 

わからなくもないけど、こちらはリラックスしたい、ストレス解消したい、と思ってサロンに行ってるのに。

 

激しい売り込みにあっては、ストレスが解消されるどころか、かえってストレスになろうというもの。もう、2度と行かない!

 

と書くと、うんうん、そうそう、と思い当たってくれる方、多いと思う。だけど。

 

もしかして、知らないうちにこんなサロンと同じ事、やってない? 悪気はないにしても。

 

実は以前、「障害者の働くレストラン」と新聞で紹介されていたのを見て、娘と行ってみた事がある。

 

ランチタイム、満席ではないけれど席はほぼ埋まっていた。

 

注文取りに来てほしいなあ。なかなか来てくれない。

 

お料理出るの、ちょっと時間かかり過ぎじゃない? 

 

そろそろコーヒー持ってきてほしいんだけど、こっちに気がついてくれない。スタッフ(障害者)同士でおしゃべりに夢中じゃあ、仕方ないか。

 

娘と一緒にそのレストランに行った時、そのレストランは就労継続支援A型だった。

 

あれから数年たって、たまたまネットでそのレストランの記事を見つけた時。

 

そのレストランは就労継続支援B型になっていた。やっぱりね。

 

A型の場合、障害者のスタッフには最低賃金を払わなければいけない、B型はその縛りがない。1か月1万円位の工賃でもOK。

 

だからA型であれば、最低賃金を払い続けるための経営努力が欠かせない。

 

もちろん働く障害者の側にも、それだけの意識が求められる。甘えは通用しない。自分たちの都合が中心なんて、もっての外。

 

「障害者だから仕方ない」なんて、とんでもない。「そろそろ、コーヒー持って行く頃かしら」位は、気にしてくれないと。

 

そんな話を、案内して下さった役員さんに話したら、ウンウンと頷いて下さった。

 

やっぱり基本は「お客様目線」なんだってば。

 

 

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました!

 

10/28(日)手作り味噌で腸内環境を整えよう
 近日募集開始します!

 

【発達障害と上手に向き合い人生が変わる!個人セッション】
 リニューアル準備中です!

 


テーマ:

発達障害、障害年金専門の社労士、(社)障がい者才能開発支援協会 代表の岩田由美です。

 

ご訪問ありがとうございます。

発達障害で障害年金を受けている娘の母である私が、自分の経験から障害年金の事、発達障害の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金の事なら発達障害者と支援者のために個人セッションお客様の声Facebookお問い合わせはこちらから

 

以前から、ぜひ一度見学させてほしい、代表のお話を伺いたいと望んでいた「NPO法人 多摩草むらの会」

 

ようやく願いが叶い、訪問させていただく事ができました。

 

紹介したいところはたくさんですが、まずはレストランからです

「この人は何が好きか、得意か、続けられるか」の結果

「平成狸合戦ぽんぽこ」の舞台となった最寄駅まで車で迎えに来て下さり、滞在時間を区切りながら、事業所を次から次へと見学。

 

「NPO法人 多摩草むらの会」で運営している、障害者の通ってくる事業所がとにかく多い。内容も幅広い。

 

大きな畑で野菜を作っている。別の事業所ではおまんじゅう。パンやクッキーを作っている事業所は多いけど、おまんじゅうは初めてかも。

 

「まずは週1回、家から出て来る事から始める」必要がある障害者のためには、パソコン専門の事業所がある。

 

手先の器用な障害者は、綺麗な布でバッグや財布の小物をミシンで作っていた。私の母が得意な、半端な布を寄せ集めて作った草履もある。

 

そして何と言ってもレストラン。小田急多摩センター前にあるビルのレストラン街。同じフロアには「あ、あそこね」とすぐわかる、名の知られたレストランを幾つかあるけれど。

 

そのレストラン街で、平方メートル当たりの売り上げがトップなんだとか。完全に「障がい者の働くレストラン」を超えている。

 

どうしてなのか、何にこだわり、大事にしているのか。最後の方で代表から直接お話を伺い、圧倒される事しきり。

 

スタートは私と同じ「障がい者の母」 ものすごい大先輩。

 

そんな大先輩の前でつい、自分の娘の話、モチベーションが上がらない、就労できるんだろうかと口にしてしまったら。

 

代表が返して下さったのが今日のタイトル。まだまだ若いから、きっと何とかなるわよ、と力強い言葉。

 

事業がこんなにも広く、大きくなったのも「この利用者はどんな事が好きで、得意で、続くんだろう」と、考えて行動した結果だと。

 

あまりの凄さに、不甲斐なくも消化しきれずに帰宅。お土産に、おまんじゅうと野菜は色々買った。

 

レストランの話は、思った通り娘の強い興味をひいた。近々もう一度行ってみる事にした。

 

 

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました!

 

10/28(日)手作り味噌で腸内環境を整えよう
 近日募集開始します!

 

【発達障害と上手に向き合い人生が変わる!個人セッション】
 リニューアル準備中です!

 


テーマ:

発達障害、障害年金専門の社労士、(社)障がい者才能開発支援協会 代表の岩田由美です。

 

ご訪問ありがとうございます。

発達障害で障害年金を受けている娘の母である私が、自分の経験から障害年金の事、発達障害の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金の事なら発達障害者と支援者のために個人セッションお客様の声Facebookお問い合わせはこちらから

 

暦の上では秋になり、お盆休みもそろそろ終わり。

 

8月も半ばになり、秋のファッションを知らせるメルマガも届き始めても、あまりの暑さにパッと目を通しておしまい。

 

image

9月になったらUEFAネーションズが始まるようですね

休みだからこそのお問い合わせもあります

私の様に自宅で仕事をしている個人事業主だと、お盆も正月もあまり関係ない。

 

お問い合わせが入れば、電話でもメールでもLINEでも、できるだけ対応する。 ←LINEで気軽にお問い合わせできるようになりました!

 

障害年金のお問い合わせの場合、本人やご家族が休日にHPで探したり、検討されたりしている事も多いので、その流れで世間がお休みの時にお問い合わせをされる方も少なくない。

 

個人の方にはそのように対応しながら、お盆が明けると法人様の件もあるし、休む!と決めないと意外と休めない。

 

個人でやってるからこそ、自分自身でメリハリを付けてコントロールしないと。

 

友人の行政書士が「明日から本格稼働!」と、先程ブログにアップしていた。私も明日は、少し遠くまで支援機関を見学に行く。

 

朝早いのですが、彼女に触発されてがんばってきます。

 

 

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

10/28(日)手作り味噌で腸内環境を整えよう
 近日募集開始します!

 

【発達障害と上手に向き合い人生が変わる!個人セッション】
 リニューアル準備中です!

 


テーマ:

発達障害、障害年金専門の社労士、(社)障がい者才能開発支援協会 代表の岩田由美です。

 

ご訪問ありがとうございます。

発達障害で障害年金を受けている娘の母である私が、自分の経験から障害年金の事、発達障害の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金の事なら発達障害者と支援者のために個人セッションお客様の声Facebookお問い合わせはこちらから

 

2月に作った味噌が食べごろになった。ちょうど実家に行く用事があったので、お裾分け。

 

「えっ、自分で味噌作ってるの?? スゴイじゃない」 スゴイでしょ~ 鼻高っ(笑)

 

image

写真は地味ですが…

みんなで一緒に作るから楽しい

実は前々から味噌作りには関心があって、やってみたいなあとは思っていた。

 

思ってはいても、そんな機会もないままン十年。

 

「発達障害のための食事セミナー」の講師浩子さんが、「今度はお味噌にしようか」と言ってくれたおかげで、初の味噌作りを経験できた。

 

途中の手間のかかるプロセスは、浩子さんの方で下ごしらえをしてくれたので、当日の作業は楽チン。

 

参加された方からは「簡単で助かる~」「1人じゃ腰が重いけど、みんなで一緒に作るのは楽しい」の声。

 

発達障害のための食事セミナーとの事で、「腸内環境を整える」が目的だけど、味噌作りは誰にでも嬉しい、助かる。

 

2月の私と同じように「味噌作り、興味あるけど今までやってみる機会がなかった」という方、ぜひご一緒しませんか?

 

募集は少し先になりますが、開催日は10月28日(日)

 

「今度は一緒に味噌作りしたい、参加したい」と思われた方、まず日付だけでもマークして下さいね!

 

 

今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

10/28(日)手作り味噌で腸内環境を整えよう
 近日募集開始します!

 

【発達障害と上手に向き合い人生が変わる!個人セッション】
 リニューアル準備中です!

 


テーマ:

発達障害、障害年金専門の社労士、(社)障がい者才能開発支援協会 代表の岩田由美です。

 

ご訪問ありがとうございます。

発達障害で障害年金を受けている娘の母である私が、自分の経験から障害年金の事、発達障害の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金の事なら発達障害者と支援者のために個人セッションお客様の声Facebookお問い合わせはこちらから

 

キングコング西野あきひろ氏の講演会に行って来た。頭と口の回転の速さはさすが!

 

知り合いも何人か来ていたようなのですが、どなたともお会いできなくて残念。写真も撮らないで帰ってきてしまった。

 

 

 

好きな事、得意な事を尖がらせるのが幸せ

事前に読んで↑予習してから行ったので、「そうか、そうか」と確認しながら聞いた。

 

それでも本に書かれていない事を聞かない事には、わざわざ会場に足を運んだ甲斐がないというもの。

 

もちろん、その期待には十分応えて下さった。あのトークをライブで聞く事ができた、というのもだけど。

 

なるほど! と思ったのは今日のタイトル。もちろん、西野さんと一般人を同じに考えるのは無理がある。

 

それでも、発達障害という特性は、ある意味極端な環境。言う事、やる事、こだわりが、大きくズレてる、尖がっている。

 

例えば「鉄」 娘と一緒に入っている親の会では、「鉄」専門のグループがある。この子たちの尖がり方と言ったら。

 

わが娘も、自分の興味ある事、好きな事には異常なほど(笑)関心が強くて知識も豊富。

 

「苦手な事を克服するように」よりも、好きな事、得意な事をどんどん尖がらせて、世の中と勝負すればいい。その方が面白くて幸せなはず。

 

 

 

今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

2/25(日)手作り味噌で腸内環境を整えようありがとうございました!
 次回もお楽しみに!

 

【発達障害と上手に向き合い人生が変わる!個人セッション】
 リニューアル準備中です!

 


テーマ:

発達障害、障害年金専門の社労士、(社)障がい者才能開発支援協会 代表の岩田由美です。

 

ご訪問ありがとうございます。

発達障害で障害年金を受けている娘の母である私が、自分の経験から障害年金の事、発達障害の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金の事なら発達障害者と支援者のために個人セッションお客様の声Facebookお問い合わせはこちらから

 

先月行って来たヤマト財団の「障がい者の働く場パワーアップフォーラム」

 

ある事業所の役員さんからは、利用者の意識と工賃との関係について話があった。

 

image

まず今やってる事が仕事だと自覚する事から

言われてみれば当たり前なんだけど。工賃が1万円レベルの場合、作業に対しての集中力が今一つ。

 

作業中なのに、机に突っ伏して寝ていたり、何度も何度もトイレに立つ、そんなお話だった。

 

そうだろうなあ、それじゃ仕事にならないだろうなあと感じていたら、娘が言ったのが今日のタイトル。

「○○さんってね、何度も何度もトイレばかり行くんだよ~」 情景が目に浮かんで笑える。

 

今やってることが仕事であると、就労に繋がるための訓練であると自覚できれば、何度もトイレに行ったりしない、はずなんだけど。

 

その辺りの自覚がないから集中力もない、飽きてしまうのは子どもと一緒。

 

これが落ち着いて座って、求められる作業レベルを少しずつこなせるようになってくれば、工賃も3万円、5万円と上がって行く。

 

スモールステップだから、焦らない、急がない。

 

 

今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

2/25(日)手作り味噌で腸内環境を整えようありがとうございました!
 次回もお楽しみに!

 

【発達障害と上手に向き合い人生が変わる!個人セッション】
 リニューアル準備中です!

 


テーマ:

発達障害、障害年金専門の社労士、(社)障がい者才能開発支援協会 代表の岩田由美です。

 

ご訪問ありがとうございます。

発達障害で障害年金を受けている娘の母である私が、自分の経験から障害年金の事、発達障害の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金の事なら発達障害者と支援者のために個人セッションお客様の声Facebookお問い合わせはこちらから

 

私はあまり関係ないのですが、世間はお盆休み。

 

今日から夫は9日間、娘は5日間夏休み。家にいる時間が多い~

 

今日は祝日だったのですね

言いたい事は山ほどあるけれど

仕事へのモチベーションが上がらないまま、夏休みに入った娘。

 

夏休み中は私だけでなく、夫とも話す時間が多くなるので、ここは一つ、仕事への心構えを叩き直したいところ。

 

と、親が熱くなり過ぎると、かえって反発されたり開き直ったり、よろしくないのでは?とも思う。

 

親であれ、支援員であれ、言いたい事は山ほどあるのだけど、本人の腑に落ちない事には、モチベーションも何もあったものではない、はず。

 

ここはガマンか? もちろん言うべき事は、折に触れて言わないと仕方ない。

 

だからと言って、本人よりも周りの気持が先走ると「もうイヤ! 放っておいて!」になってしまいそう。

 

1つ言ったら、1つガマンか。本人の気持が動かない事には、周りはどうしようもないから。

 

以前、見学に行った移行支援事業所の社長さんが言ってた。「お母さん、就労しろ~って、ものすごいプレッシャーかけてるでしょ?」

 

「お母さんが口には出さなくても、ハッキリ言わなくても、お母さんから出ているビーム、お子さんはものすごくプレッシャーに感じてるんですよ~」

 

確かに。ここは大いに、反省するべきところかもしれない。

 

 

今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

2/25(日)手作り味噌で腸内環境を整えようありがとうございました!
 次回もお楽しみに!

 

【発達障害と上手に向き合い人生が変わる!個人セッション】
 リニューアル準備中です!

 


テーマ:

発達障害、障害年金専門の社労士、(社)障がい者才能開発支援協会 代表の岩田由美です。

 

ご訪問ありがとうございます。

発達障害で障害年金を受けている娘の母である私が、自分の経験から障害年金の事、発達障害の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金の事なら発達障害者と支援者のために個人セッションお客様の声Facebookお問い合わせはこちらから

 

夏休みなんだなあと実感するのは、子ども連れのお母さんが多いから。

 

街を歩いていて、つい目が行ってしまう、隣にいると聞き耳を立ててしまうのは、私と同世代のお母さんと娘さんの2人連れ。

 

母と娘ならではのティータイム

発達障害でなくても人間関係には悩む

20代の頃、娘さんがいるという上司から「本当に母親と娘って仲いいよね」と、聞かされたし。

 

時は流れ、同級生は飲み会で「帰るとヨメさんと娘の笑い声が聞こえるんだけど、オレが入るとシーンとしちゃう」と愚痴ってるし。

 

今、自分が娘を持つ母親になってみると、やっぱりと思う。

 

障害のある子だと、1人で外出できるような年になっても母親の出番は多い。仕方ないとは言え、息子よりは娘の方が気楽と言うのはある。

 

私は息子も男のきょうだいもいないので、わからないけど「男の子は、母親と一緒だと嫌がるのよ~」 と、親の会のお母さんからは聞かされる。

 

一方で母と娘は気楽ゆえに、距離が近すぎて難しい。これは母親の立場としては、あまり感じないのだけど。

 

私は娘の立場でもあるので、この年になっても母親との距離の取り方には戸惑う事がある。

 

お母さん、娘に近づきすぎ! 放っといて!という感じ。

 

母親ではないけど身近な女性で、「お節介も程々にして」と思う人も時々いて。

 

こんな場合、だいたいお母さんとの関係が表面的には上手く行っても、実は屈折している事が多かったりする。

 

母親との関係が、他人との人間関係に大きく影響してるのね。

 

 

今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

2/25(日)手作り味噌で腸内環境を整えようありがとうございました!
 次回もお楽しみに!

 

【発達障害と上手に向き合い人生が変わる!個人セッション】
 リニューアル準備中です!